SHARE

ヌメライ

NMR
価格2,190
24時間変動率 0.81%
時価総額132億
24時間変動値 17.64
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

ヌメライ (Numeraire) の基本情報

発行上限
承認方式
開始日
中央機関
提唱者
オフィシャルサイトURL https://numer.ai/
ホワイトペーパーURL https://numer.ai/whitepaper.pdf
公式TwitterURL https://twitter.com/numerai
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

ヌメライ(NMR)とは?

ヌメライは、データサイエンティストが信頼性を向上させた機械学習モデルを実験・作成できるようにするイーサリアムベースのプラットフォームだ。データサイエンティストによって提供されたデータによって発展したAIを利用して、株式市場に参加しヘッジファンドを構築することを目的としている。データサイエンティストが良質なモデルを提供すると、インセンティブとしてNMRが発行される。

ヌメライ(NMR)の特徴

仮想通貨におけるヘッジファンド関連銘柄

ヌメライはデータサイエンティストから提供された機械学習モデルを利用して、ヘッジファンドを運用するプロジェクトだ。データの集積によりAIを成長させ、株式市場に対する予測をより正確なものとする。仮想通貨とAIを利用した革新的なヘッジファンドとして注目を集めている。

データサイエンティストの機会学習モデルを収集

AIを発展させるためには優秀なデータサイエンティスト達の知識が必要になる。ヌメライではモデルを提供する科学者達の匿名性を保った上で、提供したデータは暗号化され他の目的に使うことはできない。ヌメライはデータサイエンティストとの関係を「信頼の不要な関係(trustless relationship)」と呼んでいる。

優秀なモデルを提供した人には独自トークンのNMRでインセンティブを支払う仕組みとなっているので、データを提供するデメリットは少ない一方でインセンティブによるメリットを享受できる。またNMRが得られる対象者も多いため、参加者が増えやすい仕組みとなっている。

ICOが開催されなかった

NMRは仮想通貨として上場する前にICOが開催されなかった。代わりにユニオンスクエアベンチャーズをはじめとする企業や、Naval Ravikant氏などの個人投資家から資金調達を行っている。

ヌメライ(NMR)の歴史

ヌメライは創業者のRichard Craib氏によって、2015年に米サンフランシスコで設立された。Richard氏はコーネル大学で学位を取得し、資産運用会社のプルデンシャルでAIを活用した株式ファンドを構築していた。

この経験を活かして設立されたのがヌメライであり、COOのDan Spier氏、取締役のRich Allen氏とともにチームを組み、仮想通貨を利用したヘッジファンドを新たに構築している。

NMRは2017年6月から取引が開始されたが上場当初の期待値は高く、大きく乱高下する展開となった。ICOが開催されなかったことも上場初日から購入が殺到した理由となっている。

ヌメライ(NMR)の今後

参加者の増加によりトークンの価値が高まりやすい

ヌメライでは日本時間の毎週日曜日午前3時から機械学習モデルの募集が開始される。データサイエンティスト達はNMRを手に入れるために優れたモデルを提供する競争が行われる。この競争のことをトーナメントと呼び、月曜日の23時30分に締め切られる。NMRはトーナメントのインセンティブによって発行されるため、NMRを求めて多くの参加者が参加するほどトークンの価値が高まりやすくなる。

流動性が低い

NMRはトーナメント参加のインセンティブで入手できるが、データサイエンティスト以外でNMRを入手するには海外の仮想通貨取引所で購入するしかない。新たに発行されたNMRを入手できるのはデータサイエンティストしかいないので、価値の上昇に期待してホールドする人も多くなる。

ただ、使用されなければ当然市場に流通するNMRも少なくなり、ヌメライは流動性が低い。またトークンの最大供給量も、当初の2,100万NMRから2019年に半分以下となる1,100万NMRに変更されている。流動性の低さから価値の上昇に伸び悩む可能性もある。

ヘッジファンドが結果を出せるか

NMRの価格上昇につながるポイントは、データサイエンティスト達から提供された機械学習モデルにより、株式市場に対する予測が正確なものとなり、ヘッジファンドとして結果を出せれば、データサイエンティストだけでなく一般の投資家に注目される材料となるので、価格の上昇を期待しやすい。

ヌメライのヘッジファンドに投資して実際に儲かったという口コミが広がることや、運用方法が広く評価されることがあれば価格の上昇につながりやすい。現状ではヌメライのサービスを利用してNMRを稼げるのはデータサイエンティストだけなので、取引所での購入が活発になる材料が価格に上昇には必要になってくるだろう。

ヌメライ(NMR)の購入方法

NMRは現在国内の取引所で購入することはできないため、Binanceなどの海外取引所で購入する必要がある。国内取引所で口座を開設し、元手となる仮想通貨を取引して海外取引所に送金することでNMRの取引が可能だ。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: