SHARE

オーキッド

OXT
価格14.69
24時間変動率 2.77%
時価総額86億
24時間変動値 0.40
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

オーキッド (Orchid) の基本情報

発行上限
承認方式
開始日
中央機関
提唱者
オフィシャルサイトURL https://www.orchid.com/
ホワイトペーパーURL https://www.orchid.com/assets/whitepaper/whitepaper.pdf
公式TwitterURL https://twitter.com/OrchidProtocol
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

オーキッド(OXT)とは?

オーキッド(OXT)は仮想通貨対応の仮想プライベートネットワーク(VPN)のオーキッド(Orchid)のネイティブトークンである。VPNはインターネット上に仮想の専用線を設定し、特定の人が利用できる専用のネットワークであるが、政府や企業によって介入を受けやすい問題がある。オーキッドは第三者の介入を防ぎ、匿名性とセキュリティ性を両立した上で自由なインターネットを目指すプロジェクトとなっている。

オーキッド(OXT)の特徴

ブロックチェーン技術を活用したVPN

オーキッドが従来のVPNと異なる点には、ブロックチェーン技術を活用していることが挙げられる。中央集権となるサーバーは存在しない分散型形式を取ることにより、ユーザーは特定の団体から介入を受けることなくVPNを利用できる仕組みだ。ユーザーは国籍にとらわれず、オーキッドを利用して自由なインターネットを実現できる。

サービスの利用は従量制

インターネットの使用料は1カ月の利用量に合わせて月額料金を支払う定額制が一般的だ。しかし、オーキッドは実際にインターネットに接続した際に料金が発生する従量制となっている。定額制の場合は、利用した量と比較して料金のほうが高くなることもあるかもしれないが、従量制の場合は利用した分だけ対価を支払うので公平だ。

イーサリアムをベースとしている

オーキッドのブロックチェーンはイーサリアムをベースとしており、OXTもERC-20規格を採用したトークンだ。プロバイダーへの支払いはオフチェーンで行われるので、イーサリアムが直面しているスケーラビリティ問題の影響を受けずにネットワークの混雑と手数料の増加を防止している。OXTはオーキッドのネットワーク上で自由に使えるトークンとして発行された。

オーキッド(OXT)の歴史

Orchidは2017年に、Steven Waterhouse氏・Jay Freeman氏・Brian J. Fox氏・Gustav Simonsson氏の4名によって共同設立されたプロジェクトおよび、デラウェア州に設立された株式会社である。CEOのSteven Waterhouse氏はケンブリッジ大学でコンピューターサイエンスの博士号を取得し、ブロックチェーン関連の企業に投資を行なう実業家だ。仮想通貨のOXTは2年後の2019年にローンチされた。

オーキッド(OXT)の今後

VPNサービスの需要増加

OXTはVPNサービスの需要増加による価値の上昇が期待できる。世界にはインターネットの利用が制限された国も多いので、自由なインターネットが魅力的に感じる人は世界中に多数存在する。またオーキッドの知名度が向上すれば、ビジネスを進める上でのセキュリティ対策としてVPNを利用したいという需要も生まれるだろう。このようにオーキッドのプロジェクトは、さまざまな理由で需要が増加する可能性を秘めている。

Web3.0の中心銘柄として注目される

現状のインターネットはWeb2.0と呼ばれており、Web3.0はブロックチェーン技術を活用した次世代のインターネットのことを指す。特定のプラットフォーマーに依存することなく、ブロックチェーン技術によりデータを分散させることを目指すWeb3.0はオーキッドが目指す自由なインターネットそのものである。

Web3.0は人種や国境を越えたサービスを展開した上で、セキュリティ性を向上させることが期待されており、すでにオーキッドを含めた複数のサービスが展開されているが、知名度の向上により注目が集まるほど中心銘柄であるOXTへの期待も高まる。

xDAIへの対応などの開発・サービスの状況

オーキッドは2021年3月当時には深刻であった高騰するイーサリアムのガス代に対応するために、xDaiチェーンのサポートを開始した。これによりオーキッドのサービスの利用に必要なコストを削減し、最小1ドルの用意でアカウントの開設から利用までできるようになったことで、サービス利用の敷居を低くした。xDaiはMakerDAOで発行されるDAIにペッグするステーブルコインだ。

iOS・MacOSで利用できるアプリもリリースしており、オーキッドは低コストで利用しやすいVPNへと近づいている。サービスの利便性が向上すればオーキッドの利用者が増加し、OXTの価値も上昇しやすくなる。

オーキッド(OXT)の購入方法

OXTは現在国内の取引所で購入することはできないため、Binanceなどの海外取引所で購入する必要がある。国内取引所で口座を開設し、元手となる仮想通貨を取引して海外取引所に送金することでOXTの取引が可能だ。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: