スタックス

STX
JPY
  • USD
  • JPY
438.18
24h変動率
12.25%
24h変動値
47.80
時価総額
6,326億
24h変動値
47.80
時価総額
6,326億
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO

スタックス (Stacks) の基本情報

発行上限 1,818,000,000
承認方式 PoX
開始日 2013年
中央機関
提唱者 Muneeb AliとRyan Shea
オフィシャルサイトURL https://www.stacks.co/
ホワイトペーパーURL https://gaia.blockstack.org/hub/1AxyPunHHAHiEffXWESKfbvmBpGQv138Fp/stacks.pdf
公式TwitterURL https://twitter.com/Stacks
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

スタックス(Stacks /STX)とは?

スタックスは、ビットコイン(BTC)にスマートコントラクトを導入することを目的に開発された仮想通貨である。ビットコインにスマートコントラクトが導入されるとビットコイン上でDapps(分散型アプリ)の開発やNFTの発行ができるようになる。ビットコインと連動するマイニングの仕組みを取っており、独自通貨のSTXはマイニングによる報酬で得られる。

スタックス(Stacks /STX)の特徴

ビットコインにスマートコントラクトを導入

スタックスのプロジェクトの目的は、ビットコインにスマートコントラクトを導入することである。スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で契約を自動的に履行する仕組みであり、イーサリアムをはじめとする暗号資産における主要な機能である。

そのため、すべての暗号資産において時価総額2位のイーサリアムがスマートコントラクトを利用したDappsの開発の主要な通貨となっているが、スタックスはビットコインにスマートコントラクトを導入し、ビットコイン上でDappsの開発ができるようにすることを目的としている。

ビットコインを選ぶ理由

スタックスがビットコインにこだわる理由は2つある。1つめは、ビットコインは時価総額1位の通貨であるため、イーサリアムよりも世界中の人々に保有・使用されているからだ。スマートコントラクトが導入されていないビットコインに導入することで、ビットコイン上でDappsの開発が行われることになる。世界で一番使用されている暗号資産上で生まれるDappsは、通貨の保有率も高く需要を生む可能性が高い。

2つめは、ビットコインのセキュリティは暗号資産のなかでも堅牢であるため、ハッキングのリスクが低くDapps開発に適しているからだ。スタックスのプロジェクトにはビットコインは欠かせないものであり、その目的からもビットコインの存在が前提となっている。

PoX(proof of transfer)の採用

スタックスは、コンセンサスアルゴリズムにPoX(proof of transfer)と呼ばれる独自のアルゴリズムを採用している。

PoXのマイニングの仕組みは、マイナーがスタックスにビットコインを送金して移転することで、ブロックチェーンによる取引の承認がなされるというもの。ビットコインをスタックスに移転すると、報酬として独自通貨のSTXが配布される。STXの保有者は、スタッキングと呼ばれる他の暗号資産におけるステーキング機能を利用することで報酬としてビットコインを得られるため、アルゴリズムやマイニングのシステムもビットコインに密接に関わっていることが分かる

スタックス(Stacks /STX)の歴史

2017年、スタックスの当初の運営会社の社名とプロジェクト名は「Block stacks」であった。ニューヨークに本社を置き、有名なベンチャーキャピタルファンドから支援を受けて2,800万ドルの資金調達にも成功していたプロジェクトである。現在はHiro Systemsという社名で運営されており、プロジェクト名もスタックスとなっている。2023年3月からSTXのステーキングでビットコインが得られるスタッキングという仕組みを採用。ビットコインのレイヤー2プロジェクトして順調なアップデートを続けている。

スタックス(Stacks /STX)の今後

ビットコインの価格変動に依存する

スタックスのプロジェクトはビットコインの存在が前提であるため、ビットコインの価格変動に依存しやすい。BTCの価値が高まればSTXの価値も高まると考えられるが、反対にBTCの価格が下落すればSTXの価値も下がることが予測される。

スタックスの長期的な価格変動は、ビットコインと連動したものになることが予測されるだろう。ビットコインの成長はスタックスのプラス材料になるため、ビットコインの将来性がスタックスの今後の価格に直結しやすい。

Dappsの開発者が増えるかどうか

Dappsの開発において重要になるのはプログラミング言語であり、簡単なプログラミング言語であるほど開発者が参入しやすく、言語が難しいほど開発者が参入しにくい。ビットコインへのスマートコントラクトの導入や、その先のDappsの開発はビットコインのプログラミング言語の問題から難しいとされてきた。

スタックスは、クラリティー(Clarity)と呼ばれるエンジニアにとって開発がしやすい言語を採用し、高い機能性を持っていることから開発者にとってもアプリを開発しやすい言語を整えている。スマートコントラクトが導入され、プログラミング言語など開発環境が整えられることで、実際にビットコイン上でのDappsの開発事例が増えることが期待される。

大型アップデートNakamotoの実施

スタックスの今後のアップデートでは、ビットコインの開発者であるサトシ・ナカモトが由来となっている大型アップデート「Nakamoto」の実施により、ビットコインネットワークへのトラストレスな書き込みができるようになる内容を予定している。そのほかにも送金速度の改善や、将来的に運用されるビットコインのDefiに関するアップデートが含まれている。

アップデートにより、スタックスのシステムが使いやすくなり、ビットコインへのスマートコントラクト導入によるDapps開発が進むようになるとスタックスがより注目され、STXの価値も向上する可能性があるだろう。

スタックス(Stacks /STX)の購入方法

STXは現在国内の取引所で購入することはできないため、Binanceなどの海外取引所で購入する必要がある。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。