暗号資産ファンド、6週連続の流出超──2018年1月以来

暗号資産ファンド、6週連続の流出超──2018年1月以来

暗号資産ファンドはビットコイン(BTC)をはじめとする多くの暗号資産(仮想通貨)が上昇したにもかかわらず、6週連続で流出超となった。これは2018年1月以来のことだ。

暗号資産運用会社コインシェアーズ(CoinShares)が16日発表したレポートによると、13日までの1週間で暗号資産ファンドは2210万ドルの流出超となった。

コインシェアーズは、今回の流出超について「他の資産クラスで見られるように、季節的な影響で取引高が少なくなる時期に起きた」と指摘した。暗号資産ファンドの現在の週あたりの取引高は31億ドル、5月は70億ドルだった。

一方、運用資産総額は、前週比10%増の550億ドルとなったが、これは主に価格上昇によるものだ。

暗号資産別では、ビットコインファンドは、ビットコインが7月の安値2万9608ドルから、一時4万8200ドルまで上昇したにもかかわらず、2200万ドルの流出超。イーサリアム(ETH)ファンドも110万ドルの流出超となった。ついでバイナンスコイン(BNB)ファンドが90万ドル、マルチアセットファンドが30万ドルの流出超となった。

一方で、ポルカドット(DOT)、カルダノ(ADA)、ステラ(XLM)をファンドには、それぞれ40万ドル、130万ドル、40万ドルの流入超となった。

出典:CoinShares

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinShares
|原文:Crypto Funds Suffer 6th Week of Outflows Despite Bitcoin Rally

おすすめ記事: