コインチェックがドレスのNFT──MISIAの衣装製作したファッションブランドと

コインチェックがドレスのNFT──MISIAの衣装製作したファッションブランドと

暗号資産(仮想通貨)とNFTの取引サービスを展開するコインチェックが、ファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携して、バーチャルドレスNFTの販売を始める。価格は、2.5ETH〜6 ETH(約92万円~220万円)で、2月24日に発売する。

NFT(ノン・ファンジブル・トークン=非代替性トークン):ブロックチェーン上で発行される代替不可能なデジタルトークンで、アートやイラスト、写真、アニメ、ゲーム、動画などのコンテンツの固有性を証明することができる。NFTを利用した事業は世界的に拡大している。

TOMO KOIZUMIは、コスチュームデザイナーである小泉智貴が立ち上げたファッションブランド。東京オリンピックで国家独唱したMISIAの衣装を製作したことでも知られ、30色で表現した印象的なドレスが話題になっていた。

購入者はデジタル上でドレスを着用できる。購入したNFTは、Coincheck NFT(β版)で売買することが可能だ。CG技術でデジタルファッションを表現するJoyfa(ジョイファ)が制作を手掛けた。

NFTには、グッチやプラダなどの世界的ブランドが進出しており、ドレスやシューズ、アクセサリーなどのデジタルファッションアイテムが販売されている。

|取材・テキスト:菊池友信
|編集:佐藤茂
|トップ画像:コインチェックの発表文より

おすすめ記事: