「株主優待でビットコイン」マネックスが発表、SBIはリップル

「株主優待でビットコイン」マネックスが発表、SBIはリップル

Brady Dale
公開日:2019年 9月 24日 18:02
更新日:2019年 9月 24日 18:03

株主優待で暗号資産を付与する動きが出始めている。マネックスグループは9月24日、 同社株主への優待として、暗号資産ビットコインを付与すると発表した。SBIグループのモーニングスターも8月、株主優待でXRP(リップル)を付与すると発表している。

仮想通貨取引所の口座開設はこれからでも可

両社とも同様の条件で、対象は2019年9月30日時点で株主名簿に記載されている株主。両社グループの仮想通貨取引所(コインチェック、SBI VCトレード)に口座を持っていなくても、2020年3月末までに口座を開設すれば、優待を申し込める。

マネックスグループの優待は、コインチェックに口座を開設すれば、株の保有数にかかわらず500円相当のビットコインが付与されるというもの。モーニングスターの株主は、SBI VCトレードに口座を開設すれば、100株以上の保有者に30XRP(約874円相当)が付与される。

ともに2020年3月末までに口座を開設すれば申し込めるため、現時点で取引所に口座がない株主も対象となる。

文:小西雄志
編集:濱田優
写真:Shutterstock