LINE、暗号資産「LINK」の国内取引を開始へ──自社開発ブロックチェーンで発行

LINE、暗号資産「LINK」の国内取引を開始へ──自社開発ブロックチェーンで発行

LINEのグループ会社LVCが、独自の暗号資産「LINK(リンク)」の国内市場での取引を8月6日から始める。

LINKは2018年10月から、日本を除く海外市場を対象とする暗号資産取引所「BITFRONT(前身はBITBOX)」で取り扱われてきた。LVCは6日から国内取引所の「BITMAX」で取引をスタートさせる。BITMAXが扱う暗号資産は、LINKを含めて6種類になる。

【LINKについて分かっていること】
・名前:LINK(リンク)
・暗号資産コード:LN
・発行元:LINE TECH PLUS PTE(シンガポール)
・特徴:LINEのプライベートブロックチェーン「LINK Chain」を活用して発行
・取引開始日時:2020年8月6日(木)12時00分
・BITMAXの取扱暗号資産:ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)

編集:佐藤茂
写真:LINEのHPより

おすすめ記事: