エイプコイン

APE
JPY
  • USD
  • JPY
304.88
24h変動率
10.73%
24h変動値
29.54
時価総額
1,819億
24h変動値
29.54
時価総額
1,819億
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO

エイプコイン (ApeCoin) の基本情報

発行上限 1,000,000,000APE
承認方式
開始日 2022年3月17日
中央機関 ApeCoin DAO,APE Foundation
提唱者 Yuga Lab
オフィシャルサイトURL https://apecoin.com
ホワイトペーパーURL
公式TwitterURL https://twitter.com/apecoin
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

エイプコイン(ApeCoin/APE)とは?

エイプコインは、ApeCoin DAOによってローンチされたガバナンストークン。Web3.0の中心となる分散型コミュニティをサポートするため、カルチャーやゲームなどにおける商取引での利用を目的としている。知名度の高いNFTプロジェクトBAYC(Bored Ape Yacht Club)と関わりが深いことから、NFT関連の仮想通貨として注目を集めている。

エイプコイン(ApeCoin/APE)の特徴

ApeCoin DAOのガバナンストークン

エイプコインは、ApeCoin DAOのガバナンストークンであり、保有することでApeCoin DAOの意思決定に関わることができる。保有者ができることも詳しく定められており、DAOにおける資金の活用方法に対するアイデアの提出、システムに関する変更の提案、提案に対する投票がある。保有量に応じてDAOの運営に深く関わることができる。

OpenSeaで利用できる

エイプコインは世界最大級のNFTマーケットプレイスOpenSeaで利用できる暗号資産である。ガバナンストークンとしての役割を果たすだけでなく、エイプコインを利用してNFTを購入することも可能だ。ApeCoin DAOの関連NFTプロジェクトBAYCでもエイプコインで購入できるNFTが出てきている。

Web3.0における決済通貨としての役割を果たすことを目指しており、NFT以外では、アメリカのニュース雑誌であるTIME誌の購読がエイプコイン支払いに対応した。

エアドロップにより広く配布された

エイプコインはエアドロップを実施しており、過去に広く配布された。総供給量は10億枚だが、そのうち1億5,000万枚がNFTプロジェクトのBAYCとMAYC(Mutant Ape Yacht Club)の所有者に配布されている。NFTの所有状況に基づいてエイプコインを受け取れる量を設定しており、最高で10,950枚配布された。

エイプコイン(ApeCoin/APE)の歴史

エイプコインは、2022年3月に発表されたプロジェクトであり、発表直後からBinance、Coinbaseなどの大手仮想通貨取引所に上場した。BAYCを制作したNFTスタジオのYuga Labsは、各プロジェクトの主要トークンにエイプコインを使用すると発表したことにより、NFT関連の話題性の高い暗号資産プロジェクトとして注目を集めた。

注目度の高さからエイプコインは高騰し、リリース価格の約4倍の水準まで上昇した。2022年4月30日には、3,079円の最高値を記録し、その後は他の仮想通貨の価格と連動した動きとなった。

エイプコイン(ApeCoin/APE)の今後

DAO・NFTプロジェクトの発展

エイプコインは、ガバナンストークンであることから、トークン保有者の提案や投票によるプロジェクトの発展が期待される。プロジェクトが盛り上がり、関わる人や団体が増えるほどエイプコインの将来は明るいといえるだろう。

BAYC、MAYCなどの関連NFTプロジェクトは、エイプコインの注目度を高めている。BAYCの人気が高まるほどエイプコインの価値の向上も期待できる反面、人気が低迷するとエイプコインの価格にも悪影響を及ぼす可能性がある。

Web3.0の通貨として実用性が向上するか

エイプコインは、Web3.0におけるカルチャーやゲームなどの商取引に使用される決済通貨を目指している。すでにNFTの売買にも用いられているが、TIME誌の購読にも使用できるなど、暗号資産関連以外の決済にも活用されている。将来に向けて、幅広く実用性を高められるかどうかが期待される。

コラボレーションの増加

エイプコインはNFTプロジェクトとのコラボレーションで注目されたことから、カルチャーに関連する分野で他にもコラボを増やすことによる知名度の向上が期待される。すでに行われたコラボの例を挙げるなら、アニモカブランズが展開するNFTゲームである「Benji Bananas」を遊ぶことでAPEが貰えるコラボを開催したことが挙げられる。今後もエイプコインの将来性が期待できるコラボが増えれば、価値が高まることが期待されるだろう。

エイプコイン(ApeCoin/APE)の購入方法

国内ではbitbankが取り扱っている。CoinDesk JAPANでは、金融庁に登録された国内の仮想通貨取引所で暗号資産を購入することを推奨している。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。