クアンタム

QTUM
価格1,798
24時間変動率 -3.89%
時価総額1,869億
24時間変動値 -72.82
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1h6h12h1d1w1m3mall
to
最終更新:2021年12月2日 2時54分25秒
情報提供元:
24時間始値
1,871
24時間高値
1,938
24時間安値
1,781
24時間変動値
-72.82
時価総額
1,869億
循環サプライ
103,941,685QTUM

暗号資産(仮想通貨)ニュース

クアンタム (Qtum) 基本情報

特徴 ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を組み合わせて開発された暗号資産(仮想通貨)。ビットコインの安定性に加えてスマートコントラクト機能を併せ持つことが特徴。
発行上限 1億枚+以後毎年1%追加発行
承認方式 PoS
開始日 2016年12月19日
中央機関 Qtum Foundation
提唱者 Patrick Dai
オフィシャルサイトURL https://qtum.org/en
ホワイトペーパーURL https://qtum.org/user/pages/01.home/Qtum%20New%20Whitepaper_en.pdf
公式TwitterURL https://twitter.com/qtum

クアンタム(QTUM)に関するニュース

クアンタム(QTUM)に関する最新ニュースを知りたい場合は、公式サイト公式ツイッターアカウントを参照のこと。

クアンタム(QTUM)の特徴

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の両方の特徴を持つ

クアンタム(QTUM)はビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の両方の特徴を備えている。具体的には、ビットコイン(BTC)の安定性に加えてスマートコントラクト機能を併せ持つことが特徴である。

UTXOを活用した高い匿名性

クアンタム(QTUM)はビットコインと同様に残高管理の方法としてUTXOという仕組みを導入しており、高い匿名性を実現している。また、それに加えて、アカウントアブストラクトレイヤー(AAL)と呼ばれるスマートコントラクトを動作させるシステムを導入することによって、匿名性を高めることに成功している。

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用

クアンタム(QTUM)ではプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれるコンセンサスアルゴリズムを導入している。プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは、いわばプルーフ・オブ・ワーク(PoW)の代替システムに当たるもので、コインを持っている割合(Stake)でブロックの承認の割合を決める仕組みである。

クアンタム(QTUM)の購入単位・最低購入額(いくらから購入できるか)

クアンタム(QTUM)の購入単位は「QTUM」。読み方は「クアンタム」である。最低購入金額は、コインチェック(Coincheck)では、500円相当分のXLM(参考リンク)、GMOコインでは1QTUM(参考リンク)となっている。

クアンタム(QTUM)の購入方法

クアンタム(QTUM)は国内または海外の取引所で購入することができる。CoinDesk Japanでは、金融庁に認可された国内の仮想通貨取引所で購入することを推奨する。

クアンタム(QTUM)の価格・レート・チャートを確認する方法

クアンタム(QTUM)の価格・レート・チャートを確認する方法は以下の通り。

コインチェックでクアンタム(QTUM)の価格・チャートを確認

コインチェック(Coincheck)でステラルーメン(XLM)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「クアンタム/円(QTUM/JPY)のリアルタイムチャート(相場)・レート(価格)」を参照のこと。

DMM Bitcoinでクアンタム(QTUM)の価格・チャートを確認

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)でクアンタム(QTUM)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「クアンタム/円(QTUM/JPY)のリアルタイムチャート(相場)・レート(価格)」を参照のこと。

GMOコインでクアンタム(QTUM)の価格・チャートを確認

GMOコインでクアンタム(QTUM)の価格・チャートを確認する際は、こちらのページ「クアンタム(販売所)チャート」を参照のこと。

クアンタム(QTUM)の今後の価格形成を考えるための論点

クアンタム(QTUM)の今後の価格形成を考える上で、論点となり得る要素を記載する。

ビットコインとイーサリアムの動向

クアンタム(QTUM)はその性質上、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の価格変動に影響を受ける傾向がある。それゆえ、クアンタム(QTUM)の価格形成を考える上では、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の動向について注視しておく必要がある。

国内取引所での上場

2021年11月10日現在において、クアンタム(QTUM)を取り扱っている取引所はコインチェック(Coincheck)やディーカレットと非常に少数である。今後、クアンタム(QTUM)を取り扱う取引所が国内で増えれば、クアンタム(QTUM)の価格形成にポジティブな影響を与える可能性がある。

中国の規制動向

クアンタム(QTUM)は中国で誕生したプロジェクトであるため、クアンタムが中国の規制動向に少なからず影響を受けるという見方がある。中国当局で規制強化の流れが強まれば、クアンタム(QTUM)の価格形成にネガティブな影響を与える可能性がある。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

おすすめ記事: