PoS(プルーフ・オブ・ステーク) 一覧(1 ページ目)

ビットコイン、PoWマイニング報酬の80%以上を占める

| Bitcoin | Omkar Godbole

ビットコイン・マイナーが受け取った報酬は、主要なプルーフ・オブ・ワーク(PoW)ブロックチェーンで支払われた報酬の大部分を占めた。ARKインベストの仮想通貨アナリスト、 ...

ハードフォークが迫る中「ディフィカルティボム」のタイミングを再検討──イーサリアム開発者ら

| Ethereum | William Foxley

新たに提案されているイーサリアムのハードフォークは、イーサリアムのプルーフ・オブ・ステーク(PoS)への移行を複雑化することを避けるために、重要なネットワーク機能の稼働 ...

保有するだけで5%のリターン──コインベース、一般ユーザーを対象にステーキングを開始

| Industries | William Foxley

コインベース(Coinbase)は初めて、一般ユーザーがただ仮想通貨を保有しているだけで報酬を獲得できる取り組み、いわゆる「ステーキング・サービス」を開始した。 ...

バイナンスなど大手取引所が仮想通貨の「ステーキング」に参入する意味──暗号資産でインカムゲイン

| Industries | 小西 雄志

世界最大の仮想通貨取引所バイナンス、アメリカ最大手の仮想通貨取引所コインベース・カストディなど、大手取引所が続々と仮想通貨の「ステーキング」ビジネスに参入、注目が高まっ ...

カルダノからイーサリアムまで、2020年はPoSにとって決定的な年になりうる

| Opinion | Christine Kim

2020年はプルーフ・オブ・ステーク(PoS)ブロックチェーンがついに出現する年になる。たぶん。 業界で最も期待されている2つのPoSネットワーク、イーサリアム( ...

ユニセフが「仮想通貨ファンド」設立、イーサリアム考案者も登壇──デブコン5

| Ethereum | 小西 雄志

ユニセフが国連機関として初めて「仮想通貨ファンド」を設立したことが10月9日、仮想通貨で時価総額2位のイーサリアム開発者が集まる世界最大級の会議デブコン5で分かった。主 ...

独自PoSと機関投資家向けサービスの開発しやすさを強調──中国オントロジーの創業者が登壇【b. tokyo】

| b.tokyo | 小西 雄志

中国発のブロックチェーン・プロジェクト、オントロジー(Ontology)共同創業者のアンディ・ジ氏は10月3日、都内で開かれたブロックチェーン・カンファレンス「b.to ...