インヴァスト証券「シストレ24」終了/11月の月間FX取引高が歴代4位ほか──12/13~12/19のFXニュース

インヴァスト証券「シストレ24」終了/11月の月間FX取引高が歴代4位ほか──12/13~12/19のFXニュース

インヴァスト証券、「シストレ24」終了

インヴァスト証券は12月14日、同社のFXサービス「シストレ24」を終了すると発表した。時期は2021年の3月中旬を予定し、終了時点のポジションはすべて決済される。証拠金は同社の「トライオートFX」口座に移管される予定だ。

「トライオートFX」口座への資金移管を希望しないユーザーは、シストレ24のサービス終了までに自身で出金手続きする必要がある。なお、シストレ24について口座開設の申込は2021年1月16日に、新規の自動売買は2月中旬に、それぞれ終了する予定となっている。

「シストレ24」と「トライオートFX」の主な違い

自動売買の違い

・シストレ24:売り買いのタイミングを判断して自動的にFX取引を行う「ストラテジー」を選択
・トライオートFX:エントリー価格、利確幅などの設定値があらかじめ決められた「自動売買ロジック」を選択するか、自分で作成

通貨ペアの違い

・シストレ24:27種
・トライオートFX:17種

スプレッドの違い

・シストレ24:変動スプレッド
・トライオートFX:原則固定スプレッド

【PR】インヴァスト証券(トライオートFX・シストレ24)――自動売買FXの仕組みとコストを解説

2020年11月のFX取引高は627兆円で歴代4位 金融先物取引業協会

金融先物取引業協会が12月14日付で公表した「店頭FX月次速報」によると、2020年11月の取引金額は約627.6兆円と、データのある2008年11月以来、単月としては歴代4番目に多くなった。11月の出来事としては、米大統領選や新型コロナウイルスに対するワクチン報道などが挙げられる。

外為どっとコム総研の取締役調査部長で上席研究員の神田卓也氏( @KandaTakuya )によれば、2020年のFXの取引高は過去最高になりそうだ。10月末の時点で既に過去最高の2015年に迫る勢いで、11、12月を合わせれば更新は間違いないとのこと(金融先物取引業協会によると、1~6月の店頭FX53社の取引金額は3231兆円。半期として過去最高)。3月のコロナショック以降急増していたが、リモートワークが増え、日中の投資がしやすくなったことが大きく影響したと指摘する。

【歴代の店頭FX取引量(単月)】
1位:2020年3月(1,015.61兆円)
2位:2015年1月(660.25兆円)
3位:2014年12月(639.02兆円)
4位:2020年11月(627.6兆円)
5位:2016年2月(594.55兆円)

【PR】外為どっとコムの評判や取引コスト、取引ツールは?キャンペーン情報は?

上田ハーロー、新ツール「トレード1」提供開始

上田ハーローは12月16日、新取引システム「上田ハーローFX トレード1」の提供を開始した。インストール不要のブラウザ型ツールで、PCやスマホを問わず、同一のURLからログインする。ユーザーは、従来のログインIDやパスワードを変更することなく使用可能だ。

現行の「上田ハーローFX PC版」は2020年12月までの利用となる。スマホ・タブレット向けの「上田ハーローFX スマート1」は継続して利用可能だが、順次終了する予定としている。

主な変更点

新取引システムの主な変更点は以下の通り。なお、取引時間などの基本的なルールに変更はない。

1.「新規成行」注文に「決済OCO」を付随させる機能が追加
2. スマホ、タブレットでも「テクる(同社独自の取引支援システム)」の利用が可能に
3. 選択した注文の一括取り消しが可能に
4. スマホ、タブレットでも高機能チャートの利用が可能に

外為ファイネスト、「MT4・ZERO」終了を撤回

外為ファイネストは12月17日、「MT4・ZERO口座」の継続を発表した。当初、「MT5口座」リリースに合わせ2021年2月に同サービスの終了を予定していたが、継続の要望が多数寄せられたことにより撤回された。なお、「MT5口座」の詳細は決まり次第発表するとしている。

「MT4」および「MT5」は世界的な自動売買「メタトレーダー」を指し、「MT4口座」はメタトレーダー4の利用に対応している口座を意味する。

【MT4口座を提供する主なFX会社】
・JFX
・FXトレードフィナンシャル(ゴールデンウェイジャパン)
・楽天FX
・FOREX.com(ゲインキャピタルジャパン)
・OANDA JAPAN
・サクソバンク証券

【PR】FXトレード・フィナンシャル(ゴールデンウェイ・ジャパン)の概要を確認
【PR】楽天FXの特徴や評判、取引コストは?「MT4が使える」など魅力と注意点も

キャンペーン関連情報

YJFX!(ワイジェイFX株式会社)、1万円抽選プログラム開始

YJFX!は12月14日、抽選で100名に1万円が当たるキャンペーンの実施を発表した。

キャンペーン期間は2020年12月14日から12月22日のNYクローズまで。期間中にエントリーすると、10万通貨以上の新規注文ごとに抽選権が1口付与される(最大500口まで)。決済注文や未約定の新規注文は対象外だ。

なお、2020年10月の同キャンペーンに参加している場合、口数の付与が倍になる。10万通貨の新規注文ごとに抽選権が2口付与され、最大1,000口まで受け取れる。

【PR】YJFX!の評判は?他社とのスプレッドを比較、メリット・デメリットを解説

FX初心者向け情報一覧

FXとは?初心者向けFX入門の基礎

FX口座開設と審査の対策、業者の選び方や注意点

FX会社口座比較ランキング──スプレッド、スワップポイント、通貨ペア、タイプ別

FXの始め方――人気のFX会社5社ごとに解説

文・編集:CoinDesk Japan編集部
画像:Shutterstock.com

おすすめ記事: