パレットトークン(PLT)とは?買い方(購入方法)と今後の将来性

パレットトークン(PLT)の基本情報

パレットトークン(PLT)は、NFTの発⾏と流通/発⾏したNFTを利⽤したアプリケーションの構築を目的に開発された。基本情報は以下の通り。国内の仮想通貨取引所ではコインチェックが取り扱っている。

発行上限10億枚
承認方式Proof of Authority(PoA)
開始日2021年7月
オフィシャルサイトhttps://hashpalette.com/
ホワイトペーパーhttps://document.hashpalette.com/HashpalettePaper.pdf
公式Twitterhttps://twitter.com/hashpalette

パレットトークン(PLT)とは?

パレットトークン(PLT)とは、NFTに特化したブロックチェーン「Palette(パレット)」内でガス手数料の支払いに使用される暗号資産のこと。パレットトークン(PLT)はイーサリアム上で発行され、クロスチェーン技術を用いてパレットチェーン上でも利用することができる。

パレットトークン(PLT)で出来ること

・Paletteにおけるノード運用報酬の支払い
・Paletteコンソーシアムメンバーへの委任
・スマートコントラクトやNFT発行の手数料支払い

Palette(パレット)の特徴

Palette(パレット)の特徴は以下の通り。

クロスチェーン対応

Palette(パレット)は、イーサリアム等の複数のブロックチェーンと相互運用が可能である。

エンタメ特化

Palette(パレット)は、漫画やアニメ、音楽などのエンタメ領域に特化したブロックチェーンである。様々なコンテンツがパレット(Palette)上で流通するNFTとしてデジタル化され、所有や売却が可能になる世界の実現を目指している。

コンセンサスノードによるガバナンス

Palette(パレット)は、コンソーシアムによって分散的に運営される。コンソーシアムのメンバーによってガス価格の調整や新規コンソーシアムメンバーの加入など、チェーン及びプラットフォームに対するガバナンスが行われる。

パレットトークンの価格・時価総額

2021年7月に行われたIEO(Initial Exchange Offering)では、パレットトークン(PLT)の総発行数10億枚のうち2億3000万枚が販売された(販売価格4.05円/最初の時価総額は40億5000万円)。2021年12月20日時点では52円付近で推移しているため、時価総額は約520億円程度となっている。

パレットトークン(PLT)の購入方法・買い方

パレットトークンはコインチェックでの取り扱いのみなので、パレットトークンを購入したい場合はコインチェックを利用することがおすすめである。

Coincheck(コインチェック)

2012年に設立されたコインチェック株式会社が運営する。2018年に大規模なハッキング事件が起きたが、その後、東証プライム市場上場企業であるマネックスグループの傘下で経営再建を図った。

つみたてや貸暗号資産などの長期投資向けのサービス、NFTの売買ができるマーケットプレイス、ガス・電気料金をビットコインで支払うユニークなサービスもあり、幅広いサービスが充実している。

また、取引ツールとなるスマホアプリが使いやすく、仮想通貨を初めて取引したい人に向いている。

項目概要
取扱仮想通貨28種類
手数料無料
最低取引数量円建てで500円相当額
スマホ対応アプリ「Coincheck Bitcoin Wallet」
セキュリティマルチシグ、コールドウォレットなど
  • アプリは使いやすく、注文方法も簡単。手数料もリーズナブルで使いやすく、欠点を探すのが難しいくらいの取引所だと思います。

    ★★★★★5点
    (50代・女性)
  • とくに、チャートの見やすさがバツグン。取引ができる通貨の種類が多いところも、Coincheckのウリだと思います

    ★★★★★5点
    (20代・女性)
  • 良いところは初心者でもまごつかないアプリが用意されていること。仮想通貨初心者ですが、使い方をマスターできることが嬉しい。

    ★★★★4点
    (50代・女性)

パレットトークンの今後の将来性

パレットトークンの今後の将来性を考える上で、論点となり得る要素を記載する。

NFTの普及

NFTの普及によって、NFTを取引することが可能なプラットフォーム「Palette」で使用されるパレットトークン(PLT)への需要が高まり、価格が上昇する可能性がある。

国内取引所への上場

パレットトークン(PLT)の国内外の仮想通貨取引所への上場も価格上昇の要因の一つであると考えられる。実際、パレットトークン(PLT)がIEOによってコインチェックに上場した際は一気に価格が上昇した。これは取引所に上場することで需要が増加することや流通量が増加することでパレットトークンの価格が上昇するとを期待されたためと考えられる。

パレットトークンに関するQ&A

パレットトークンに関するQ&Aを整理する。

パレットトークンのアプリは?

PLTウォレットは、暗号資産を管理することができるウォレットアプリであり、パレットとイーサリアムに対応している。

トークンの管理

パレット及びイーサリアムのウォレットを作成・インポートすることができる。

ブロックチェーン間での資産の移動

パレットトークン(PLT)をパレットとイーサリアムとの間で自由に移動することができるクロスチェーン機能を実装している。

パレットトークン(PLT)のステーキング

ウォレットで保有しているPLTをアプリ上でステーキングに利用することができる。