「初心者向けFX本」5選──ガチ速FX、クイズ、チャートの教科書ほか 用語解説・分析・実践テクニック

「初心者向けFX本」5選──ガチ速FX、クイズ、チャートの教科書ほか 用語解説・分析・実践テクニック

いざFX(外国為替証拠金)を始めたとしても、成果を出し続けるための攻略法を知らなければ、なかなか安定的な成果を出すことは難しい。そこで役立つのが初心者向けのFX本だ。

この記事では、チャート分析の方法や実践テクニックなどを易しく解説している書籍を厳選して5冊紹介する。クイズ形式で楽しく読み進めることができる書籍もあるので、ぜひ手にとってみてほしい。

【関連記事】FXとは?初心者向けFX入門の基礎

「チャート」「ローソク足」などをわかりやすく解説

鈴木拓也『世界一やさしい FXチャートの教科書1年生』(ソーテック社/2020年5月発売/256ページ/1628円)
(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

鈴木拓也『世界一やさしい FXチャートの教科書1年生』(ソーテック社/2020年5月発売/256ページ/1628円)

初心者向けのFX本の中には実践テクニックの解説に重点を置いた本も多いが、本書ではまずFXの基礎知識として理解必須の「チャート」「ローソク足」などについて易しい解説があり、FXについて一切知識がない人でも無理なく読み進めていける一冊だ。

例えばチャートについては、「トレンド転換」を示唆するチャートパターンと「トレンド継続」を示唆するチャートパターンをそれぞれ解説しているほか、移動平均線でトレンドを判断する方法も紹介している。また本著の最後には演習問題が9つ用意されており、問題を解いていく中でFXの実力を高められるようになっている。

著者は鈴木拓也氏。大手銀行での勤務を経て、FXなどの金融投資に特化したウェブメディアを運営する会社を設立・経営する人物だ。

FX YouTuberが解説するFX攻略の極意

及川圭哉『ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ”』(ぱる出版/2019年6月発売/176ページ/1650円)
(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

及川圭哉『ガチ速FX 27分で256万を稼いだ“鬼デイトレ”』(ぱる出版/2019年6月発売/176ページ/1650円)

FXトレーダー集団「Fxism」の主宰者である及川圭哉氏が著者のFX本だ。FX歴が10年以上の及川氏はFX YouTuberとしても活動しており、デイトレードのスペシャリストとして多くのトレーダーから支持を集めていることで知られている。

本著では及川氏オリジナルの「10通貨ペアの値動きを比較し、ユーロ・ポンド・ドルの相関関係を分析する」といった攻略法や、メンタルを徹底排除する「ドラクエ発想法」について解説している。

さらには「『勝ち逃げ』こそ勝利の方程式」「勝負の極意は『簡単なところだけを狙う』こと」などと力説しており、初心者がFXで勝つためにどのような姿勢で臨むべきかを指南している。

FXをギャンブルにしない「チャート分析」の重要性を解説

田向宏行『ずっと使えるFXチャート分析の基本(シンプルなテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方)』(自由国民社/2018年11月発売/208ページ)
(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

田向宏行『ずっと使えるFXチャート分析の基本(シンプルなテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方)』(自由国民社/2018年11月発売/208ページ)

著者は金融投資だけで生活し資産を築いた専業トレーダーの田向宏行氏で、FXをギャンブルにしないためには、値動きとローソク足を使ったチャート分析をしっかりマスターすることが重要だと強調している。

具体的には、勝率を高めるチャート分析の極意を分かりやすく解説しているほか、実際のチャートで値動きを追って取引する方法についても論理的に紹介している。また、FXで成果を出すためには「相場の勝ち組に乗ること」が重要であるとし、相場の流れについての考え方も解説している。 本著に対するレビューとしては「手法は地味だが良書」「値動きの基礎を学ぶ本」といった声が多い。

三種の神器は「移動平均線」「MACD」「一目均衡表」

佐藤正和『これだけ! FXチャート分析 三種の神器』(クロスメディア・パブリッシング/2020年11月発売/172ページ/1628円)
(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

佐藤正和『これだけ! FXチャート分析 三種の神器』(クロスメディア・パブリッシング/2020年11月発売/172ページ/1628円)

この書籍では「移動平均線」「MACD」「一目均衡表」を、FXチャート分析における「三種の神器」と定義し、それぞれについて解説を行っている。著者は30年以上にわたって為替取引に携わっている佐藤正和氏(外為オンライン・シニアアナリスト)だ。

佐藤氏は本著の中で、移動平均線のようなテクニカル指標としてはほかにも「ボリンジャーバンド」や「RSI(Relative Strength index)」があるものの、ウオッチする指標を増やしたからといったFXの勝率が必ずしも上がるわけではないことを強調している。

その上で例えば移動平均線については、「傾き」「為替レートとの位置関係」「並び」に注目して売買判断をすることの重要などに触れている。

クイズを解きながらFXに関する実力をアップ

鈴木拓也『クイズを解いて勝率アップ! FX チャート&資金管理 実践トレーニング』(ソーテック社/2020年9月発売/200ページ)
(画像をクリックするとAmazonに飛びます)

鈴木拓也『クイズを解いて勝率アップ! FX チャート&資金管理 実践トレーニング』(ソーテック社/2020年9月発売/200ページ/1738円)

最後に紹介する一冊は、最初に紹介した鈴木拓也氏による別な著書で、クイズ形式で楽しくFXに関する実践トレーニングが積めるようになっている。

勝率を高めるための手法として「相場環境認識」「高勝率エントリーポイント」「MACD/RSIの複合技」「正しいレバレッジと資金管理」という4つのステップを踏むことについても解説しており、FXに関する基礎知識を備えたあとでぜひ読んでおきたい一冊と言える。

【PR】
 DMM FXのクチコミ、メリット・デメリットは?
・ マネックスFXの評判や取引コストは?

まずトレーダーとして最低限必要な知識を身に付けよう

FXで勝率を上げるためには、まずはトレーダーとして備えておかなければならない知識を身に付けることが最低条件だ。自己流でFXの世界で勝負する前に、まずは初心者向けに書かれた良著を読んでおくことをおすすめする。

文:CoinDesk Japan編集部
編集:濱田 優
画像:Dean Drobot, Vintage Tone / Shutterstock.com

おすすめ記事: