仮想通貨取引所「BITMAX(ビットマックス)」

(公開日:

BITMAX(ビットマックス)の基本情報

取扱通貨数5
スマホ対応あり
取引方法現物取引
最低取引数量0.001BTC
カスタマーサポート問い合わせフォーム

BITMAXは、2018年1月31日に設立されたLVC株式会社が運営する仮想通貨取引所(関東財務局長 第00017号)。2020年2月28日現在、BITMAXの取扱通貨の種類は5種類だ。

BITMAX(ビットマックス)のメリット

BITMAXのメリットとしては、以下の通り。

LINE上で手軽に利用できる

BITMAXは、メッセンジャーアプリ「LINE」上のアプリケーションとして、手軽に利用することができる。

BITMAX(ビットマックス)の2つのデメリット

BITMAXのデメリットとしては、以下の2つが挙げられる。

1.取扱通貨の種類が比較的少ない

BITMAXで取り扱っている仮想通貨は5種類であり、他の取引所の取扱通貨の種類と比べると、やや少なめの水準となっている。

2.販売所経由での売買のみに対応している

BITMAXでは、販売所経由での売買のみに対応しているため、取引所形式での売買を望んでいる場合には適していない。

BITMAX(ビットマックス)の取扱通貨は6種類

BITMAXの取扱通貨については、以下の通り。

  • BTC(ビットコイン)
    BTC
    (ビットコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
    BCH
    (ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
    LTC
    (ライトコイン)
  • LN(リンク)
    LN
    (リンク)

BITMAX(ビットマックス)の手数料

BITMAXの手数料については、公式HP内の「取引概要及び各種手数料」を参照のこと。

BITMAX(ビットマックス)では、レバレッジ取引ができない

BITMAXでは、レバレッジ取引を行うことができない点に留意する必要がある。

BITMAX(ビットマックス)の取引ツール/スマホアプリ

BITMAXは、メッセンジャーアプリ「LINE」上で起動する仕組みとなっている。

BITMAX(ビットマックス)のセキュリティ

BITMAXのセキュリティ対応については、公式HP内の記事「ウォレットの管理体制」から確認することができる。

BITMAX(ビットマックス)の口座開設

BITMAXの口座開設は、こちらから行うことができる。

BITMAX

画像:BITMAX Webサイトより

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする