コインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)の使い方や見方の徹底解説

(公開日:

コインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)についてどのようなことかご存じない方もいらっしゃるだろう。コインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)とは、現在世界中で発行されており、延べ1000種類以上の仮想通貨、時価総額ランキングなどの、取引量、取引価格、また過去の取引価格の推移などまとめて見れるサイトである。

世界中にある時価総額についての仮想通貨がどれくらい変化しているのか、注目を浴び始めているのかなど、世の中にある仮想通貨の市場の動きを一目でわかるということも大きなメリットである。将来この仮想通貨が伸びるであろう、将来性がある仮想通貨を探すこともできる。

本記事ではコインマーケットキャンプについて解説を行っていく為、使用方法についても把握できる。また仮想通貨における「エアドロップ」無料で仮想通貨を楽しめるイベントの紹介についても仮想通貨に興味を持てることだろう。

なお、口座開設の際には使いやすく取引所手数料無料といったメリットがあるコインチェックがおすすめ。

コインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)の見方とは

コインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)を見る際に重要なポイントは、たくさんの下層通貨の動きを分析することができ、今後有望がある仮想通貨はどれか、また、現在投資している下層通貨の動きはどのようになっているのか、細かくチェックができるのがコインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)である。

コインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)の見方や使い方について解説する。

仮想通貨の時価総額や、ランキング価格のチェック

コインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)を開くと、各仮想通貨の時価総額順に世界中の仮想通貨が並ぶ。よく間違えるが、価格が大きい順番ではなく、時価総額順に並んでいるのがわかるだろう。近年は、ビットコイン、イーサリアルの順で並んでいる。

仮想通貨の価格とチャートの見方

仮想通貨のか価格とチャートは誰もが確認をするだろう。その確認については以下の通りだ。

  • トップ画面から各仮想通貨の価格とチャートを確認
  • 確認したい仮想通貨をクリック

確認仮想通貨を確認した際の画面は以下の通りだ。各仮想通貨の細かな動きがわかり、いつ暴落をしているのかまたは高騰しているのかがわかる。さらに細かな数字を見たい場合は、1日単位で確認ができるため、自分が確認したいようにある程度期間を絞り、確認ができるようになっているのだ。

仮想通貨の進捗とその他の情報を確認したい場合

各仮想通貨の進捗状況やソーシャルでの情報を確認したい場合もコインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)で確認ができる。ビットコインを参考すると、下記添付画像部分の「ソーシャル」と書いてある箇所をクリックすることで、ビットコインについての情報をえることができるだろう。

しかし、ほとんどが海外サイトの為、英文で書かれているので翻訳機能など活用することを必要になるだろう。

仮想通貨の取引所ランキングを確認する

コインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)では各仮想通貨の取引出来高をチェックすることができる。トップ画面に書かれている「取引所」をクリックすると確認ができるのだ。

コインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)アカウント作成方法

これまでCoinmarketcap.com(コインマーケットキャップ)の見方について解説をおこなったが様々な各仮想通貨の動きがわかることがわかっただろう。より、アカウントを登録し各仮想通貨をチェックする為にアカウント登録は必要だろう。

アカウント作成方法について

Coinmarketcap.com(コインマーケットキャップ)のアカウント作成方法については以下の通りだ。

  • アカウント作成画面を開く
  • メールアドレスの記入(アカウント作成ボタン)をクリック
  • キーワード入力の為ダイアロボックスが表示
  • 登録に使用したメールアドレスの受信箱を開きアカウント登録メールが届ているか確認
  • メール本文に記載あるキーワードをコピーし、ダイアロボックスの「キーワード」欄に記載しアカウントを作成
  • ご利用規約などの同意ボタンが出てくるため、内容に問題がないか一読し同意

以上がアカウント作成の流れとなっている。

なお、口座開設の際には使いやすく取引所手数料無料といったメリットがあるコインチェックがおすすめ。

コインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)取引所TOP5

Coinmarketcap.com(コインマーケットキャップ)にはたくさんの取引所が存在している。その中で直近の取引スコアが高い所は以下の通りだ。

  • binance
  • Coinbase Exchange
  • FTX
  • Kraken
  • KuCoin
名前取引スコア手数料
binance9.90.01~0.07%
Coinbase Exchange8.60.04%~0.50%
FTX8.40.000%~0.070%
Kraken8.10.5%~
KuCoin7.70%~0.1%

取引スコア順に今回は少しピックアップをし掲載をしたが、各仮想通貨によって取引手数料が違う為、要注意が必要だ。始めやすい取引所を選定することが大事である。

仮想通貨のエアドロップについて

最近、スパーク(FLRトークン)といった言葉を聞くことがあるだろう。スパーク(FLRトークン)とは、仮想通貨における、条件をを満たすことで無料で参加できるイベントのことである。

ここ最近ではスパーク(FLRトークン)は仮想通貨の中でも人気を集めているイベントでもある。スパーク(FLRトークン)は以下の通りだ。

エアドロップとは

近年、仮想通貨を行っている中でよく耳にする、エアドロップ。エアドロップとは、エアドロップを無償で仮想通貨を得ることができるのだ。

また、エアドロップで獲得した仮想通貨を売却することにより、最低限のリスクを抑えた状態で利益を得ることができる。

エアドロップのメリットについてご紹介

エアドロップのメリットは大きく3つ程のメリットがある。

  • エアドロップが配布された場合、トークンは無料
  • エアドロップが配布された場合、トークンの価格が上昇する可能性が十分にある
  • 現在保有している仮想通貨においても、価格上昇する可能性が十分にある

何と言っても、無料でトークンが配布されることが大きなメリットではないだろうか。通常取引所で購入を本来しなければならない仮想通貨を無料でもらえることが大きなメリットだ。

ただ、無償でもらえるトークンの中に将来期待が高くないものも入っている可能性があるが、数年後にもしかすると大きく高騰する仮想通貨もでてくる可能性もあるのだ。

エアドロップのデメリットについてご紹介

エアドロップは大きなメリットだけでなく、大きなデメリットも隠れているのも事実であり、デメリットは以下の通りだ。

  • 詐欺の可能性がある
  • 個人情報が盗まれ、悪用される可能性もある
  • 税金問題

エアドロップの中には、マイナー運営者もいる可能性がある為、エアドロップを発表したのにも関わらず、無料配布をしないケースもあるのだ。また、個人情報を盗むだけの為に宣伝する場合もあり、ウォレットのパスワードを聞いてきた場合は、詐欺の可能性もある為、十分に注意が必要だ。

スパーク(FLRトークン)について

仮想通貨名スパーク
ティッカーシンボールFLR
プラットフォームFlare Network
運営会社Ripple Labs

スパーク(FLRトークン)とは、リップルがFlare Networkの実現の為に、開発された仮想通貨であり、リップル保有者に発表したことをきっかけに、たくさんの方々に注目をされるようになったのだ。

2022年開催予定の仮想通貨エアドロップのご紹介

2022年に開催中の仮想通貨エアドロップは以下の通りだ。

  • TRON
  • Flag Network
  • LEGION NETWORK

この仮想通貨エアドロップについては、参加した全員がもらえる可能性もある為是非、参考にするべき仮想通貨エアドロップである。

TRONについて

TRONの創業者はジャスティン・サンであり、2017年にリリースし、スタート時はイーサリアムで動いていたが、現在は独自のTRONというネットワークを活用し、動いている。

TRONのエアドロップは2023年6月までの予定であり、毎月10日にスナップ書っとの実施をおこなっている。

Flag Networkについて

Flag Networkは現在アメリカのコインベースに上場し、PancakeSwapで取引が可能だ。Flag Networkのパートナーとなっている企業については、Flag Networkのエアドロップを参加者全員もらえる仕組みになっている。

LEGION NETWORKについて

LEGION NETWORKについては、エアドロップを参加者全員が貰え、エアドロップにより、トークンLGXが付与される。LGXさえあれば、動画視聴やゲームなどができるようになり、LGXを稼ぐこともできるのだ。

仮想通貨のエアドロップの情報はどこにある?

仮想通貨エアドロップの最新情報を得る為には、情報収集がどれだけできるかにポイントだ。情報収集ができる媒体は以下の通りだ。

  • Twitter
  • Telegram・discord
  • CoinMarketCap

上記3つが主に、情報収集する際押さえておきたい媒体である。どれも英語で書かれている為、翻訳が必要であるが、リスクを軽減するために情報収集をして、スタートをすることをお勧めする。

まとめ

本記事ではコインマーケットキャップ(Coinmarketcap.com)についての見方や登録方法について述べたが、仮想通貨にはメリットデメリットや各仮想通貨によっての取引手数料も多く変わってくる。リスクを追いすぎるのも危険である為、しっかりと仕組を理解し、投資する取引先を選定する必要があるだろう。

なお、口座開設の際には使いやすく取引所手数料無料といったメリットがあるコインチェックがおすすめ。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする