イーサリアムの価格推移は? これまでの値動きと今後の予想を紹介!

(公開日:
イーサリアムの価格推移

仮想通貨取引をしている人なら必ず耳にする人気銘柄のひとつがイーサリアム(Ethereum)。本記事では、ビットコインに次ぐ時価総額を誇るイーサリアムの価格推移、将来性などを解説する。

なお、口座開設の際には使いやすく取引所手数料無料といったメリットがあるコインチェックがおすすめだ。

イーサリアムの価格推移と今後の予想

Coinmarketcapより引用

上記のチャートは、イーサリアムの2016年~2022年の値動きを表している。イーサリアムの価格推移と今後の予想は以下の通りだ。

  • 2016年 TheDAO事件
  • 2017年 バブル状態
  • 2018年 バブル崩壊
  • 2020年 コロナショック
  • 2021年 史上最高価格更新
  • 2022年 仮想通貨市場全体の下落
  • イーサリアムの今後の価格推移予想

それぞれについて、詳しくご説明しよう。

2016年 TheDAO事件

Coinmarketcapより引用

2016年は仮想通貨の知名度が上昇する前の年であり、年初から順調に価格が上昇を続け3月には約1,600円を記録。しかし、この年はイーサリアムにとって歴史的な出来事であるTheDAO事件が発生している。TheDAOはイーサリアム上にトークンを発行し、ICOを行ったところ6月にハッキングされ、約360万ETH(約52億円)が盗まれる事態となった。

送金してから一定期間の間は資金を使用できないことから、ハードフォークにより送金記録を取り消すことで問題を解決した。これに納得しなかった人々により、イーサリアムクラシック(ETC)が生まれている。TheDAO事件はTheDAOのシステムに欠陥があったことが原因であることや、資金が盗まれたという事実を無くす対応を取ったことから、以降の年末までの価格は大きく下落することなく横ばいに変動した。

2017年 バブル状態

Coinmarketcapより引用

2017年は、仮想通貨元年と呼ばれ、ビットコインを始めとする多くの仮想通貨が急激に値上がりした年である。イーサリアムも例に漏れず、なんと2018年の1月には18万円以上にまで価格が高騰した。

2018年 バブル崩壊

Coinmarketcapより引用

2017年にはバブル状態にあったイーサリアムだが、2018年にバブルがはじけ、大暴落に陥る。2018年には、イーサリアムの価格は1万円代にまで落ち込んでいる。この年は、G20サミットにて仮想通貨規制に関する議論が繰り広げられるなど、仮想通貨が世界的に大きな注目を集めた年であった。

 2020年 コロナショック

Coinmarketcapより引用

2020年には、さまざまなDeFiサービスが注目を集め、基盤として使われているイーサリアムの人気も高まった。しかし、グローバルな疾病面と経済面の複合危機である「コロナショック」により、爆発的な値上がりは起こらなかった。

2021年 史上最高価格更新

Coinmarketcapより引用

2021年には、イーサリアムが史上最高価格を更新した。具体的には、53万円台にまで高騰したのだから驚きである。しかし、5月末に大手電気自動車テスラがビットコイン決済を停止したり、中国政府が仮想通貨への取り締まりを厳しくしたりといった要因から一度価格が下落している。

2022年 仮想通貨市場全体の下落

Coinmarketcapより引用

前年度に史上最高値を記録したイーサリアムも、2022年には下落を続けることとなった。ロシアのウクライナ侵攻で地政学リスクが高まり、多くの投資家にリスクを避ける動きが見られたたため、イーサリアムを含めた仮想通貨市場全体の価格が下落した。

それに加えて5月に発生したステーブルコインUSTの急落も仮想通貨市場全体に対するネガティブなニュースとなり下落を後押しすることとなった。7月時点でイーサリアムの価格は約22万となり、昨年の最高値の半分以下となっている。

イーサリアムの今後の価格推移予想

順調に価格が上がっていたイーサリアムだが、2021年11月からは下落している傾向にある。これは、ビットコインなど他の仮想通貨銘柄にも起こっている現象で、アメリカや中国の仮想通貨規制による影響を受けているものと考えられる。また、為替市場や株式市場も暴落しているため、世界的な不景気による影響も想定できるだろう。

今後も不景気が続いているうちは、価格は下落すると考えられる。一方で、景気の回復やイーサリアムを使用したサービスの普及によって、いずれはまた値上がりが生じる可能性が高い。そのため、買いやすい今のうちにイーサリアムを保有しておくことをおすすめする。

イーサリアムの将来性を左右するポイント

イーサリアムの将来性を左右するポイントは、以下の4つだと考えられる。

  • スケーラビリティ問題を解決できるか
  • 仮想通貨の普及・実用化が進むか
  • DeFiやNFTのサービスが普及するか
  • イーサリアムキラー銘柄よりも優位でいられるか

それぞれについて、詳しくご説明しよう。

スケーラビリティ問題を解決できるか

スケーラビリティ問題とは、ネットワークの利用負荷が増大することで発生する問題であり、イーサリアムにおけるスケーラビリティ問題は、利用者の増加による処理速度の遅延と手数料の増加だ。イーサリアムが普及して利用が増えるほど問題が大きくなるため、スケーラビリティ問題を解決できるかどうかがイーサリアムの将来を決めるといっても過言ではない。

解決策として期待されている方法には、ブロックチェーンの外に新たなネットワークを構築し、取引を効率化させるライデンネットワーク、イーサリアムを補完する形で新たにブロックチェーンを形成するセカンドレイヤー・ソリューションのPolygon(MATIC)が挙げられる。

仮想通貨の普及・実用化が進むか

サトシ・ナカモト氏によって論文が発表され、2009年1月に世界初の仮想通貨であるビットコインが誕生した。その後、さまざまなアルトコインが誕生し、仮想通貨に関心を寄せる人や実際に仮想通貨を保有する人は増えていると言えるだろう。

しかし、そうはいってもまだ仮想通貨を保有していない人が全人口のうちの大半を占めている。また、仮想通貨を支払いに使えるサービスは少ないため、仮想通貨を保有している人のほとんどが投資や投機を目的としていると考えられる。

今後仮想通貨が広く普及し、ほとんどの人々が法定通貨のように仮想通貨を所有する世の中が実現すれば、イーサリアムの価格も高騰するだろう。仮想通貨の普及・実用化が進むかも、イーサリアムの将来性を左右するポイントのひとつだと言える。

DeFiやNFTのサービスが普及するか

先述したとおり、イーサリアムのブロックチェーンは、さまざまなDeFiおよびNFTサービスに利用されている。ちなみに、DeFiとNFTについての概要は以下のとおりだ。

DeFiとは

DeFiとは、仮想通貨を利用した金融サービスのことである。銀行などの従来の中央集権型金融サービスとは違い、ブロックチェーン上に構築しているため分散型の構造となっている点が特徴的だ。詳しくはこちらの記事を参照していただきたい。

中央集権型ではない故に、手数料が安かったり世界中で利用出来たりといったメリットがある。また、「流動性マイニング」や「レンディング」といった方法をとれば、DeFiを利用してお金を稼ぐことも可能だ。ちなみに、DeFiのアプリケーションとして特に有名なものとしては、以下の3つがあげられる。

  • WBTC(Wrapped Bitcoin)
  • Compound
  • MakerDAO

NFTとは

NFTとは、代替不可トークンという意味を持つ用語で、偽造が不可能なデジタルデータのことである。これまではデジタルデータに価値を付与することは難しかったが、NFT技術の登場によりデジタルアートや音楽が高価で取引されるようになった。NFTを利用したゲームも注目されており、ゲーム内で現実世界のお金を稼いだり、異なるゲーム間でキャラクターやアイテムを使いまわしたりできる。詳しくはこちらの記事を参照いただきたい。

これらDeFiやNFTのサービスが今後さらに普及すれば、基盤を形成しているイーサリアムの人気も高まり、価格が高騰すると考えられるだろう。以上のことから、イーサリアムの将来性を左右するポイントのひとつに、「DeFiやNFTのサービスが普及するか」があげられる。

 イーサリアムキラー銘柄よりも優位でいられるか

数あるアルトコインのなかには、「イーサリアムキラー」と呼ばれる銘柄が存在する。イーサリアムキラーとは、イーサリアムが抱えるスケーラビリティ問題を解消している仮想通貨のことだ。例えば、以下の銘柄がイーサリアムキラー銘柄だと言われている。

  • ADA(エイダコイン):仮想通貨のなかで初めて安全性が完全に確立されたとされている。
  • SOL(ソラナ):DeFi領域で活発な活動が見られる仮想通貨銘柄。
  • Fantom/FTM(ファントム):金融分野に精通している。ステーキング向きな仮想通貨銘柄。
  • Polkadot/DOT(ポルカドット):Web3.0を目指しており、高い技術力を有している。

イーサリアムが今後も人気を博し続けるためには、上記のようなイーサリアムキラー銘柄よりも高い技術力を持ち続けなければならない。「イーサリアム2.0」へのアップデートなどを積極的に行うことで、ライバル通貨よりも優位に立てれば、イーサリアムの将来は明るいだろう。

イーサリアムキラー銘柄よりも優位でいられるかという点も、イーサリアムの将来性に大きく関わるポイントだ。

まとめ

イーサリアムは、スマートコントラクト機能などの優秀な技術が搭載されている人気の仮想通貨だ。一方で、スケーラビリティ問題やイーサリアムキラー通貨などの存在によって、地位が脅かされるのではないかと懸念している人もいる。今後「イーサリアム2.0」へのアップデートが完了し、他の仮想通貨に比べ圧倒的な技術力を持つことができれば、イーサリアムの地位は確かなものとなるだろう。また、DeFiやNFT関連のサービスの普及も、イーサリアムの価格推移に関係するものと思われる。

ぜひ本記事で紹介した内容を参考に、これからも進化を遂げるであろうイーサリアムを保有してみてはいかがだろうか。

なお、口座開設の際には使いやすく取引所手数料無料といったメリットがあるコインチェックがおすすめ。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする