仮想通貨のソラナ(SOL)とは? 価格推移・将来性・取扱取引所を紹介

※当サイト内のリンクから各暗号資産交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。

ソラナ(SOL)は、DApps(分散型アプリケーション)を開発するプラットフォームであり、同様のプロジェクトでその地位を盤石なものとするイーサリアムを脅かす可能性があるイーサリアムキラーとしても知られる仮想通貨(暗号資産)である。

イーサリアムキラーと呼ばれる仮想通貨は乱立しており、その中でも本命と呼ばれることも多い銘柄がソラナであり、2024年には仮想通貨全体の時価総額ランキングで4位に浮上した。近年では国内取引所においても取り扱いが増えており、日本でも購入しやすくなっている。

本記事では、今注目度が高い仮想通貨のソラナについて、その特徴やチャートなどの価格推移・将来性・取扱取引所を紹介する。

ソラナ(SOL)とは?

発行上限526.42M
承認方式PoS, PoH
開始日2020年3月ローンチ
中央機関
提唱者Anatoly Yakovenko
オフィシャルサイトURLhttps://solana.com/ja
ホワイトペーパーURLhttps://solana.com/solana-whitepaper.pdf
公式TwitterURLhttps://twitter.com/solana

ソラナ(SOL)は、2020年3月にローンチされたDApps開発のプラットフォームであり、Anatoly Yakovenko氏とGreg Fitzgerald氏と共に立ち上げられたSolana Labsによって開発された。独自のコンセンサスアルゴリズムの採用による処理速度の速さと、手数料の低さが強みとなっている。

ソラナ(SOL)の特徴

ソラナの特徴は以下の通りである。

  • PoHの採用により高い処理能力を持つ
  • ブリッジ機能を利用して仮想通貨同士の相互運用性を実現
  • 保有することでステーキング報酬が得られる

PoHの採用により高い処理能力を持つ

ソラナは、PoH(Proof of History)と呼ばれる独自のコンセンサスアルゴリズムを採用している。直近の取引の承認に対して、ノード同士で通信する時間を必要としないシステムを取ることにより、これまでの取引承認と比較して桁違いに速い処理スピードと低コスト化を実現した。

イーサリアムは時価総額2位の仮想通貨であり、その地位を盤石なものとしてDApps開発のプラットフォームで高いシェアを誇っているが、スケーラビリティ問題と呼ばれる取引における処理速度の遅延と手数料の増加の問題を解決できていない。一方で、ソラナをはじめイーサリアムよりも優れた処理能力を持つ仮想通貨が後から誕生しているため、イーサリアムに取って代わる存在となるイーサリアムキラーとして注目を集めている。

ブリッジ機能を利用して仮想通貨同士の相互運用性を実現

ポルカドット(DOT)コスモス(ATOM)のように仮想通貨同士の相互運用性を目的としたプロジェクトなど一部の通貨を除いて、異なる仮想通貨同士は相互運用性を持たない。異なるブロックチェーン同士で仮想通貨のやり取りが制限されている現状は、仮想通貨全体の課題となっている。

ソラナは他の仮想通貨との相互運用性があり「Wormhole」と呼ばれるブリッジ機能を利用することでイーサリアムとの相互運用が可能だ。スケーラビリティ問題だけでなく、仮想通貨全体の問題である相互運用性の解決にも取り組んでいる。

保有することでステーキング報酬が得られる

ソラナは、PoHだけでなく複数のコンセンサスアルゴリズムを複合的に採用する仕組みを取っているため、PoS(Proof of Stake)も採用している。PoSでは、仮想通貨の保有によって承認の権利を与え、保有数量に応じて定期的に報酬が得られるステーキングを利用できる。国内取引所でもBITPoint、SBI VC Tradeがソラナのステーキングサービスを提供しているため、報酬を手軽に得ることが可能だ。

ソラナ(SOL)のチャートと価格推移

coinmarketcapより引用

ソラナの2020年~2024年までのチャートと価格推移は上記の通りである。2021年、ソラナの価格は大きく上昇する。これは新型コロナウイルスの影響で大規模な金融緩和が実施された影響であり、ソラナに限らず多くの仮想通貨の価格が急騰した。

しかし、2022年になるとウクライナ侵攻による地政学リスクの高まりや、大手仮想通貨取引所のFTXの破綻と、元CEOであるサム=バンクマン=フリード氏がかつてソラナを支援していたことがマイナスとなり、大きく下落した。

一時は存続を危ぶまれたこともあったが、2024年4月には複数の材料を元に仮想通貨全体でも時価総額4位に浮上する復活を見せ、注目を集める銘柄となった。

ソラナ(SOL)の将来性

ソラナの将来性におけるポイントは以下の通りである。

  • STEPNなどソラナを基盤としたDAppsの普及
  • Web3特化型スマートフォンSolana Mobile(Saga)への期待
  • Neon EVMによってDAppsにもイーサリアムとの互換性を持たせている

STEPNなどソラナを基盤としたDAppsの普及

ソラナではソラナを基盤としたDAppsが開発されており、その中でもランニングやウォーキングによって仮想通貨を稼げるブロックチェーンゲームの「STEPN」や、NFTマーケットプレイスの「Magic Eden」は有名である。開発されたDAppsが普及するほど、決済や手数料などで使用されることから、ソラナの価値が高まることも期待しやすい。

Web3特化型スマートフォンSolana Mobile(Saga)への期待

2022年にSolana Labsから発表されたWeb3特化型スマートフォンのSolana Mobile、通称Sagaは2023年から一般販売され、完売するほどの高い人気を集め、新たにSaga2(仮)の開発も計画されている。ブロックチェーンの秘密鍵を安全に管理できるシステムを持ち、DAppsを利用するために最適化されていることから、次世代のスマートフォンとして期待されている。

Neon EVMによってDAppsにもイーサリアムとの互換性を持たせている

Neon EVMは、ソラナにEVM(イーサリアム仮想マシン)との互換性を持たせる機能である。これによりソラナではイーサリアムのDAppsをブロックチェーン上で利用できるようになった。

DApps開発でトップクラスのシェアを誇っているのはイーサリアムであるが、ソラナでもイーサリアムのDAppsが利用できるため、利便性が高く乗り換えもしやすい状況である。イーサリアムキラーとして、ソラナは他の仮想通貨と一線を画すほど、高い機能性と将来性を持っている。

ソラナ(SOL)を取り扱う国内取引所

ソラナ(SOL)を取り扱う国内取引所は以下の通りである。

海外取引所でも購入可能であるが、CoinDesk Japanでは、金融庁に登録された国内の仮想通貨取引所で暗号資産を購入することを推奨している。

GMOコイン

GMOインターネットのグループ会社が運営する。取引手数料だけでなく入出金手数料も無料となっており、コストの安さが特徴だ。

国内最多クラスの26銘柄を扱っており、レバレッジ取引できる仮想通貨の種類も多い。つみたて暗号資産、貸暗号資産など仮想通貨の長期投資向けのサービスも広く提供していて、さまざまな投資スタイルに対応できる。

項目概要
取扱仮想通貨26種類
手数料販売所:無料、取引所:Maker-0.01%、Taker0.05%
最低取引数量販売所:0.00001BTC、取引所:0.0001BTC
スマホ対応アプリ「暗号資産ウォレット」
セキュリティ2段階認証、ログイン通知、24時間監視、定期的な脆弱性診断など
  • 仮想通貨のFX取引がスマホでササッとできます。外出中、合間の時間、寝ながら、などなどかなり便利です。ちなみに、チャート機能もあります。

    ★★★★★5点
    (30代・男性)
  • 一言で言うと、とても満足です。アプリで手軽に取引ができるので、仮想通貨取引に明るくない人でも、ハードルが低いところが良いです。

    ★★★★4点
    (20代・女性)
  • 過去の取引内容が取引画面の下方に表示されるため、一気に値が動き始めた時などに、目標を瞬時に判断することが出来るのが大きな武器だと思います

    ★★★★4点
    (20代・女性)

DMM Bitcoin

合同会社DMM.comのグループ会社により運営される。販売所としてのサービス提供のみで、取引所は行っていない。取引手数料や暗号資産送付手数料は無料。

株式投資/FX等の取引を行ったことがない投資初心者にも直感的に操作可能な取引ツールが用意されている。

項目概要
取扱仮想通貨現物:28種類、レバレッジ:34種類
手数料販売所:無料(BitMatch手数料を除く)
最低取引数量販売所:0.0001BTC
スマホ対応初心者向け「STモード」と高機能「EXモード」が選べる
セキュリティコールドウォレット、WAFによる不正ログイン防止など

SBI VCトレード

SBIグループのSBIトレード株式会社が運営する。2021年にTaoTao株式会社と合併し、従来の「VC TRADE」と「TAOTAO」の各サービスが一本化した。

現物取引だけでなく、レバレッジ取引・積立購入・レンディングなどに対応しており、取引所におけるサービスの幅広さを重視したい人に向いている。

項目概要
取扱仮想通貨23種類
手数料販売所:無料、取引所:-0.01 〜0.05%
最低取引数量販売所:0.0001BTC、取引所:0.000001BTC
スマホ対応アプリ「VCTRADE mobile」
セキュリティマルチシグ、コールドウォレットなど

BIT Point(ビットポイント)

株式会社ビットポイントジャパンが運営する。入出金手数料など、現物取引にかかる手数料が全て無料となっている。

アルトコインに強く、国内での取り扱いがビットポイントのみの銘柄もある。

項目概要
取扱仮想通貨23種類
手数料無料
最低取引数量500円
スマホ対応アプリあり
セキュリティマルチシグ、コールドウォレットなど

BitTrade(ビットトレード)

国内取引所でもトップクラスの取扱通貨数を誇る。運営元はビットトレード株式会社。2018年9月にビットトレード株式会社とHuobiが資本業務提携を実施したことで誕生した。

すでに仮想通貨取引を始めているが、取引の選択肢の幅を広げたい人に向いている。

項目概要
取扱仮想通貨41種類
手数料無料
最低取引数量0.00001BTCかつ2円
スマホ対応アプリあり
セキュリティマルチシグ、コールドウォレットなど

|文・編集:CoinDesk JAPAN編集部

|トップ画像:ShutterStock