松井証券が米国株に参入、インヴァスト証券が電話運用サポート開始ほか──7/25~7/31の株式・FX投資ニュース

松井証券が米国株に参入、インヴァスト証券が電話運用サポート開始ほか──7/25~7/31の株式・FX投資ニュース

マネックス証券、日本株分析ツールの機能強化

マネックス証券は7月26日、日本株分析ツール「マネックス銘柄スカウター」に以下2つの機能を追加した。

「マネックス銘柄スカウター」に追加された機能

  • 指数一覧
  • 平均成長率・平均利益率

「指標一覧」は「予想PER」など、個別銘柄に関する指標を一覧で確認できる画面だ。各ページに表示されていた指標を1画面に集約させた。

「平均成長率・平均利益率」は個別銘柄の業績指標(売上高など)の長期推移を確認できる画面だ。これまではスクリーニング項目としてのみ確認可能だった。

2つの新機能はいずれも「企業分析」ページから確認できる。

【PR】マネックス証券の取引手数料は?口コミ・評判、口座開設方法などを一挙紹介

SBIネオトレード証券、株式手数料引き下げ

SBIネオトレード証券は7月26日、現物取引手数料の引き下げを発表した。8月2日約定分から適用される。引き下げの内容は以下の通り。

定額プラン(引き下げ箇所のみ)

  • 50万円以下:440円→無料
  • 50万円超~100万円以下:660円→無料
  • 300万円超以降、100万円ごと:440円ずつ増加→295円ずつ増加

一律プラン(引き下げ箇所のみ)

  • 5万円以下:55円→50円
  • 10万円超~20万円以下:106円→100円

【PR】SBIネオトレード証券(旧ライブスター証券)の取引手数料は?評判やクチコミ、キャンペーンは?

野村證券、ブラジルとインドの為替スプレッド引き下げ

野村證券は7月27日、「ブラジルレアル」と「インドルピー」の適用為替スプレッド引き下げを発表した。7月30日約定分から適用される。引き下げの内容は以下の通り。

ブラジルレアル

  • 50万レアル未満:0.7円→0.6円
  • 50万レアル以上:0.6円→0.5円

インドルピー

  • 600万ルピー未満:0.05円→0.03円
  • 600万ルピー以上:0.04円→0.02円

松井証券が米国株に参入

松井証券は7月27日、米国株式サービスの提供を発表した。開始は2022年2月の予定。サービスを拡充し顧客ニーズに応える。手数料など詳細は決まり次第同社WEBサイトで発表される予定。

松井証券の米国株参入後、主要ネット証券で海外株式を取り扱わないのは「auカブコム証券」のみ。

※主要ネット証券:SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券、auカブコム証券

【PR】松井証券の取引手数料や口座開設方法は?「50万円まで無料」などが人気の理由

松井証券、投資信託の取り扱いを拡充

松井証券は7月28日、取り扱い投資信託の拡充を発表した。8月2日に30銘柄追加し、同社の取扱銘柄は1,513銘柄となる見込み。

ネット証券は投資信託の取り扱いが多い。以下に主要ネット証券の取り扱い本数をまとめた。

主要ネット証券 投資信託の取り扱い本数

  • SBI証券:2,643本
  • 楽天証券:2,689本
  • マネックス証券:1,217本
  • auカブコム証券:1,437本

【PR】auカブコム証券──投信の購入時手数料は「すべて無料」評判やクチコミ・手数料は?

インヴァスト証券、電話運用サポート開始

インヴァスト証券は7月30日、「トライオートFX」および「トライオートETF」において、電話で運用サポートを行うサービス「トレーディングアドバイザー・サポート」の受付を開始した。

同サービスはすでに取引を行う方を対象とする。具体的には以下のような条件がある。利用は専用フォームから予約が必要だ。

インヴァスト証券 電話運用サポート利用の条件

  • トライオートFXまたはETFの証拠金預託額100万円以上の方
  • トライオートFXまたはETFで自動売買取引を稼働している方
  • 初回入金日から3カ月以上経過している方

【PR】インヴァスト証券(トライオートFX)評判:スワップポイントやアプリも

岩井コスモ証券、25歳以下の手数料を無料化

岩井コスモ証券は7月30日、インターネット取引サービス「コスモ・ネットレ」において、25歳以下の株式手数料の実質無料化を発表した。8月2日以降、以下の取引で生じた手数料が全額キャッシュバックされる。

岩井コスモ証券、25歳以下の手数料無料化の対象

  • 国内株式の現物取引
  • 国内株式の信用取引
  • 米国株式の取引(円貨決済かつ委託取引のみ)

ネット証券では25歳以下手数料を無料化し、若年層の顧客獲得を目指す動きが広がっている。ほかに以下のようなネット証券で25歳以下の株式手数料が無料だ。

25歳以下の株式手数料を無料化したネット証券の例

  • SBI証券
  • 松井証券
  • auカブコム証券
  • 岡三オンライン証券
  • DMM.com証券

【PR】DMM株(DMM.com証券)、株取引の手数料や評判・口コミは?人気が急上昇中

キャンペーン関連情報

楽天証券、投資信託キャンペーン開始

楽天証券は7月26日、投資信託キャンペーンを開始した。「らくらく投資」を通じ投資信託を3,000円以上買うと、抽選で1,000名に楽天パンダグッズが進呈される。さらに当選者のうち5名には30,000ポイントが進呈される。

キャンペーン参加には8月30日までのエントリーが必要。スポット注文の場合は6月20~8月30日までの購入が対象となる。積み立て注文の場合、6月20~8月30日までに設定し、6月20日~10月15日までに約定したものが対象だ。

「らくらく投資」はスマートフォン専用のサービス。9つの質問に答えることでリスク許容度に合わせたバランスファンドの提案を受けられる。

【PR】楽天証券の取引手数料やクチコミ・評判は?新規口座開設数でNo.1!

SBI証券、紹介キャンペーン開始

SBI証券は7月30日、紹介キャンペーンの実施を発表した。8月2日~10月29日まで、紹介による口座開設1件ごとに5,000円相当のデジタルギフトを受け取れる(最大5万円、giftee Boxのみで使用可)。

【PR】SBI証券の取引手数料や口コミ・評判は?口座開設方法なども解説

FX初心者向け情報一覧

FXとは?初心者向けFX入門の基礎
FX口座開設と審査の対策、業者の選び方や注意点
FX会社口座比較ランキング──スプレッド、スワップポイント、通貨ペアほか
FXの始め方──人気のFX会社5社ごとに解説

|文・編集:coindesk JAPAN編集部
|画像:Shutterstock.com

おすすめ記事: