DMM.com証券、株取引の手数料や評判は?人気が急上昇中

ネット証券会社のDMM.com証券が展開している「DMM株」は、2018年4月にサービスが開始されたばかりだ。ネット証券会社が提供する株式取引サービスとしては新しい部類に入るが、手数料の安さや取引ツールの使いやすさで人気が急上昇している。

この記事ではDMM株の手数料体系や評判、IPO株の取り扱いなどについて解説していく。

取引手数料は?

DMM株の取引手数料は業界で最安値水準となっており、国内株式の現物取引手数料は55円(税込)からだ。ちなみに手数料の1%が「株ポイント」として付与され、この株ポイントは「1ポイント=1円」として現金と交換することが可能になっている。

現物取引手数料(税込)

約定代金手数料
〜5万円55円
〜10万円88円
〜20万円106円
〜50万円198円
〜100万円374円

ほかのネット証券では「1日の約定金額の合計額」に応じて手数料が発生するプランも用意されていることもあるが、DMM株ではそういったプランはない。

また、米国株式であれば手数料は0円となっており、主に米国株式で資産運用したい人にとってDMM株はネット証券選びで有力な選択肢の1つになる。米国株式の場合は1株単位で買付けが可能で、国内株式よりも少額で投資をスタートすることができる点が魅力だ。

口座開設手数料や口座管理手数料は?

DMM株では、「口座開設・口座管理手数料」「入金手数料(クイック入金)」「出金手数料」「入庫・出庫手数料」がいずれも0円で、「単元未満株買取手数料」は1銘柄あたり550円(税込)となっている。ちなみに単元未満株とは、最低売買単位の「1単元」(100株、1,000株など)に満たない株式のことを指す。

手数料項目手数料
口座開設・口座管理手数料0円
入金手数料(クイック入金)0円
出金手数料0円
入庫・出庫手数料0円
単元未満株買取手数料550円(税込)

DMM株の魅力はこのほかにもある。「四季報」「みんかぶ」「モーニングスター」「株式新聞」などの情報サービスやニュースサービスを無料で利用できることだ。例えば、株式新聞のウェブ版は1カ月4,400円(税込)が通常かかるが、DMM株にログインしていれば無料で読める。

評判・口コミは?

DMM株については、手数料の安さや米国株式の取引手数料が0円であることを評価する声などが多い。また、DMM株がリリースされたばかりのサービスであることもあり、取引ツールのデザインのセンスが良く使いやすいという声もある。

IPO株の取り扱いは?

DMM株では国内株式として「現物取引」「信用取引」のほか「NISA(少額投資非課税制度)」にも対応している。「IPO株(新規公開株)」の取り扱いもあり、取引ツールから抽選に申し込むことが可能だ。

取引ツールは?

DMM株の取引ツールとしては、PC(パソコン)向けの「DMM株 PRO」「DMM株 PRO+」、ウェブブラウザで使える「DMM株 STANDARD」、スマートフォン向けアプリの「DMM株」がある。オリジナルチャートが自分で簡単に作成可能な「DMM株プレミアチャート」などのツールも提供している。

DMM株 PRO(PC向け)

「DMM株 PRO」はPCにインストールして利用する取引ツールで、操作性が高いことが特徴だ。画面のカスタマイズをすることもでき、自分流の取引画面を作ることもできる。

DMM株 PRO+(PC向け)

「DMM株 PRO+」は前述のDMM株 PROの進化版という位置付けで、同様にPCにインストールして利用する。注文機能とチャート機能がさらに洗練されていることが特徴で、銘柄スクリーニング機能なども充実している。PROが初心者・中級者向けなら、PRO+はプロ向けという感じだ。

DMM株 STANDARD(ウェブブラウザ向け)

「DMM株 STANDARD」はウェブブラウザで利用できる取引ツールで、PCにインストールする手間などが掛からない。シンプルな操作性を重視したデザインとなっており、インストール型ではなくても基本的な機能は全て網羅されている。

DMM株(スマホ向け)

「DMM株」はスマートフォン向けアプリで、「かんたんモード」と「ノーマルモード」の2つのモードが用意されている。

かんたんモードでは難しい専門用語が使われておらず、簡単な操作で初心者でもすぐ取引が可能だ。ノーマルモードはPC向けツールにも匹敵する機能性で、中級者以上向け。

口座開設から取引開始まで

DMM株で取引を開始するには、口座を開設したあと、取引のための資金をその口座に入金する必要がある。

口座開設においては、まずは申し込みフォームから必要事項を入力するのが第一歩で、その後でマイナンバー確認書類や本人確認書類をアップロード形式や郵送などで提出すると、口座開設手続きが完了する。独自の「スマホでスピード本人確認」サービスを利用すると、最短でその日から取引が開始できる。

口座への入金方法としては、通常の振込入金のほか「クイック入金」がある。クイック入金の場合は指定の金融機関とネットバンキング契約を結んでいることが必要になるが、振込手数料が0円となるというメリットがある。24時間入金でき、入金も即座に反映される。

さまざまなキャンペーンにも注目

DMM.com証券が展開しているDMM株について説明してきた。DMM株では「周年キャンペーン」や「米国株式取引応援ポイントキャンペーン」などの各種キャンペーンも定期的に実施されているので、小まめにチェックするようにしたい。こうした情報を知っておけば、資産運用のコストを抑えることにつながるからだ。


※ 本サイトは情報提供を目的としており、証券/FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。本サイトに記載の各証券会社や各サービスの評価は、投資家向けアンケート調査結果や独自評価軸に基づいて作成していますが、各サービスの内容の正確性、信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者ご自身で各取引所やサービスの内容をご確認ください。
※ 投資を行う際は、 証券/FX投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。万が一、これらの情報に基づいて利用者が損害を被ったとしても、当社は一切の責任を負いません。
※ 本サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、当該証券/FX 取引業者の説明に基づき、各サービスの公式サイト等に記載されている特定時点の情報を記載したものです。最新情報は各サービスの公式サイトにてご確認ください。また、キャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、利用の際は各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※ 本記事内のリンクから口座開設を行うと、CoinDesk Japanは対価として収入を得ることがあります。
※ 本サイトを利用されると、CoinDesk Japanの利用規約に同意したものとみなされます。以上の注意事項とともに利用規約についてもご了承ください。