暗号資産を担保にする新しいローンとは?──Fintertechの企業ページ紹介【3/1-2開催 btokyo ONLINE 2021】

暗号資産を担保にする新しいローンとは?──Fintertechの企業ページ紹介【3/1-2開催 btokyo ONLINE 2021】

日本最大級のブロックチェーンカンファレンス「btokyo」が、「btokyo ONLINE 2021(ビートウキョウ・オンライン2021)」として、2021年3月1・2日の2日間で開催される。

同カンファレンスに企業ページを持つFintertech株式会社は、大和証券グループ本社とクレディセゾンが設立したスタートアップであり、暗号資産を担保に融資が受けられるサービス「デジタルアセット担保ローン」を展開する。カンファレンス参加者は、同サービスの資料を自由にダウンロードすることが可能だ。

本オンラインカンファレンスへの参加は、事前申し込み登録により無料となる。主催はN.Avenue株式会社、CoinDesk Japanがメディアパートナーを務める。

申し込み(参加無料)

暗号資産を担保にする新しいローンを紹介

2021年、暗号資産・仮想通貨への注目があらためて高まっている。ビットコインは投機と言われがちだが、保有者・投資家の多くはその将来性を高く買っており、長く持ち続けたいと考える“ガチホ勢”も多い。

「btokyo ONLINE 2021」に協賛するFintertech株式会社は、そうした投資家に向けて暗号資産を担保に融資が受けられるサービス「デジタルアセット担保ローン」を展開する。ビットコイン(BTC)を担保に、法人や個人事業主が融資を受けられる。担保掛け目は50%。契約期間は1年だがロールオーバーできる。

カンファレンスプラットフォーム内に設置される企業ページ内で同サービスが紹介されているので、興味がある投資家は必見だ。同ページでは「デジタルアセット担保ローン」サービスに関する資料を自由にダウンロードすることが可能。

3/1-2のカンファレンス開催期間中であれば、オンライン上で商談(1on1)を申し込む交流機能があるので、同サービスが気になるビジネスパーソンはミーティングをオファーすることができる。暗号資産を担保にする新しいローンに興味があるビジネスパーソンは、ぜひ参加したい。

申し込み(参加無料)

「btokyo ONLINE 2021」開催概要

【日 時】2021年3月1日(月)~2日(火)9時30分~19時 (予定)

【場 所】オンライン

【URL】https://navenue.jp/btokyo2021/

【参加対象】金融/IT/メーカー/自動車/物流/流通/メディア/不動産/エンターテイメント/ゲーム/教育/アート/エネルギー企業関係者、経営企画/研究開発部門ご担当者、自治体産業推進ご担当者、ベンチャー企業/スタートアップ関係者、ベンチャーキャピタル/コーポレートベンチャーキャピタル関係者

【参加者数】1,500人(見込み・二日間合計)

【参加申込】上記WEBサイトから参加登録

【参加費】無料(視聴は無料、ネットワーキング等の一部の有料化を予定)

【協賛企業】株式会社NTTデータ、スイス・ビジネス・ハブ、野村ホールディングス株式会社、NRIデジタル株式会社、株式会社VIPPOOL、Fintertech株式会社、株式会社世界ほか

【メディアパートナー】CoinDesk Japan、WIRED JAPANほか

【コミュニティパートナー】新経済連盟、Fintech協会、日本STO協会、日本ブロックチェーン協会(JBA)、ブロックチェーン推進協会(BCCC)、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)ほか

【主催】N.Avenue株式会社

文・編集:CoinDesk Japan編集部
画像:N.Avenue

おすすめ記事: