外為どっとコムが積立FX開始、LINE証券iDeCo&IPO開始ほか──5/8~5/15の株式・FX投資ニュース

外為どっとコムが積立FX開始、LINE証券iDeCo&IPO開始ほか──5/8~5/15の株式・FX投資ニュース

外為どっとコム、FXの積立投資をリリース

外為どっとコムは5月9日、定期的に通貨ペアを買い付ける「らくらくFX積立」を開始した。以下の10通貨ペアで積立投資を行える。

らくらくFX積立 対応通貨ペア

米ドル/円、英ポンド/円、豪ドル/円、NZドル/円、カナダドル/円、南アフリカランド/円、トルコリラ/円、人民元/円、メキシコペソ/円、ロシアルーブル/円

同サービスでは1通貨単位で通貨ペアを買うことができる(通常は1,000通貨。ロシアルーブル/円のみ1万通貨)。レバレッジは1倍、2倍、3倍から選択可能。積立頻度は毎日、毎週、毎月の3コースから選択できる。

【PR】外為どっとコムのメリット・デメリットや特徴、口コミなど評判、スプレッド、取引ツール、キャンペーンを他社比較で評価

LINE証券がiDeCo開始 野村證券と連携

LINE証券は5月10日、「LINEのiDeCo(個人型確定拠出年金)」の提供を開始した。運営管理機関は野村證券。LINE証券は受付金融機関として、野村證券のiDeCoをインターネットで受け付ける。商品提供のほか、コールセンターおよびWEBサービスの運営は野村證券が担う。

【PR】LINE証券の取引手数料や強みは?株のタイムセールが魅力!今なら3株分の購入が無料

野村HD、リモートで金融コンサルティング提供へ

野村ホールディングスは5月10日、千葉銀行と第四北越銀行および中国銀行の4社間で、合弁会社設立関して基本合意したと発表した。同合弁会社はリモートで金融コンサルティングサービスの提供を行う。4社間で設立を目指し、2021年度第2四半期を目途に最終契約を行う予定。

同合弁会社ではリモートで専任のアドバイザーが有料でコンサルティングサービスを行う。特定の金融機関からは独立し、金融商品およびサービスの媒介は行わない。

マネースクエアが「ユーロポンド」追加

マネースクエアは5月10日、通貨ペア「ユーロ/英ポンド」の取り扱いを発表した。5月8日以降の取引から適用される。

「ユーロ/英ポンド」は経済圏が近くレンジが狭い特徴がある。マネースクエアは、「ユーロ/英ポンド」の狭いレンジが同社の自動売買サービス「トラリピ」に適しているとしている。2020年9月には同じ理由で「豪ドル/NZドル」を導入した。

【PR】マネースクエア(FX)の概要や評判、取引コストを解説

LINE証券、5月末にIPOサービス開始

LINE証券は5月12日、IPOサービスの開始を発表した。サービス開始は5月末の予定。野村證券と協業して行う。

IPOは「Initial Public offering」の略で、新規上場株式を指す。一般に、抽選等で選ばれた応募者は「公開価格」で上場前に当該株式を買うことができる。「初値(取引所における最初の株価)」が公開価格を上回るケースが多いことから近年人気化している。

LINE証券がどのようにIPO募集を行うか、執筆時点では明らかにされていない。詳細はサービス開始時に公表される予定。

【PR】LINE証券の取引手数料や強みは?株のタイムセールが魅力!今なら3株分の購入が無料

楽天証券、取引ツールのレスポンスを改善

楽天証券は5月12日、PC向け取引ツール「マーケットスピード2」のサーバーを増強した。画面遷移や画面更新などのレスポンスが改善される。

なお、マーケットスピード2のレスポンスが悪い場合、気配本数や歩み値の取得本数を減らすと改善されるケースがあるとのこと。

【PR】楽天証券の取引手数料やクチコミ・評判は?新規口座開設数でNo.1!

DMM株、担保可能米国株を追加

DMM.com証券は5月12日、株式取引サービス「DMM株」において、信用取引の代用有価証券に利用できる銘柄に米国株50銘柄(普通株式45銘柄、ETF5銘柄)の追加を発表した。5月14日16:00に代用有価証券として評価され、17日以降の取引に利用できる。

米国株を代用有価証券として差し入れると、前々営業日の最終価格60%が信用取引の証拠金に換算される。

【PR】DMM.com証券(DMM株)、株取引の手数料や評判・口コミは?人気が急上昇中

マネックス証券、米国登録銘柄を複数デバイスで共有可能に

マネックス証券は5月13日、米国株の登録リスト「レーダースクリーン」の共有化を発表した。これにより、端末ごとの登録が不要になる。スマホ用取引ツール「トレードステーション米国株」も共有化の対象だ。

これまでは米国株登録リストは端末・ブラウザごとに保管していが、サーバー保管へ切り替えることで共有化を行う。適用は5月29日夕方の予定。

【PR】マネックス証券の取引手数料は?口コミ・評判、口座開設方法などを一挙紹介

キャンペーン関連情報

外為どっとコム、アンケート&スワップキャンペーン開始

外為どっとコムは5月10日、上述の「らくらくFX積立」の口座開設者を対象にアンケートキャンペーンを開始した。同口座開設月の翌月末までにアンケートに答えると500円が全員に進呈される。

外為どっとコムは同日、スワップポイントキャンペーンも開始している。「らくらくFX積立」口座の5通貨ペア(南アフリカランド/円、トルコリラ/円、メキシコペソ/円、ロシアルーブル/円、人民元/円)において業界最高水準(外為どっとコムHPより)のスワップポイント付与を行う。

執筆時点で両キャンペーンに期限の定めはないが、予告なく終了の可能性はあるとしている。

【PR】外為どっとコムのメリット・デメリットや特徴、口コミなど評判、スプレッド、取引ツール、キャンペーンを他社比較で評価

楽天FX、初回取引キャンペーン開始

楽天証券は5月10日、FXサービス「楽天FX」において初回取引キャンペーンを開始した。これまで一度も楽天FXで取引がない方は、7月1日午前5:55までの期間中、10万通貨取引ごとに楽天ポイントが50ポイント進呈される。

新規約定のみが対象で、決済数量はカウントされない。また楽天MT4口座は対象外だ。キャンペーン参加には別途エントリーが必要。

【PR】楽天FXの特徴や評判、取引コストは?「MT4が使える」など魅力と注意点も

FX初心者向け情報一覧

FXとは?初心者向けFX入門の基礎
FX口座開設と審査の対策、業者の選び方や注意点
FX会社口座比較ランキング──スプレッド、スワップポイント、通貨ペアほか
FXの始め方――人気のFX会社5社ごとに解説

|文・編集:coindesk JAPAN編集部
|画像:Shutterstock.com

おすすめ記事: