楽天証券が米国株200銘柄追加、SBI証券が「Ponta」導入ほか──8/15~8/21の株式・FX投資ニュース

楽天証券が米国株200銘柄追加、SBI証券が「Ponta」導入ほか──8/15~8/21の株式・FX投資ニュース

SBIアセット、ゴールドマンと新テーマ型インデックスファンド設定

SBIアセットマネジメントは8月16日、ゴールドマン・サックス証券と協働しテーマ型インデックスファンド5本の運用を始める。設定日は8月31日。8月16日よりSBI証券で募集を開始した。

新ファンドはゴールドマン・サックスグループが新たに開発・公表を開始した「SBI・GS NexGenインデックス」への連動を目指すもの。5つのテーマにおいてAI技術や一定のルールに基づき、未来志向の成長企業によるポートフォリオ構築を目指す。信託報酬はいずれも.048%程度。

SBIアセット 新インデックスファンド一覧

  • SBI・GS NexGen(代替エネルギー)
  • SBI・GS NexGen(グローバルEV)
  • SBI・GS NexGen(高成長DX)
  • SBI・GS NexGen(先進医療)
  • SBI・GS NexGen(次世代通信)

【PR】【SBI証券】評判・口コミ|口座開設方法と手数料を解説

外為どっとコム、新たなニュースソース追加

外為どっとコムは8月16日、マーケット情報「外為情報ナビ」において「ミンカブ・ジ・インフォノイド社」提供の「MINKABU PRESSニュース(FX)」の配信を開始した。

同マーケット情報は誰でも閲覧可能だが、リアルタイム配信後20分間は外為どっとコム口座開設者限定。情報提供を強化し、顧客獲得を目指す。

【PR】外為どっとコム(外貨ネクストネオ)評判:短所、キャンペーンやデモ

楽天証券、米国株約200銘柄を追加

楽天証券は8月17日、新たに約200銘柄の米国株式取り扱いを発表した。8月23日から注文を受け付ける。今回の追加で楽天証券の米国株式取り扱い銘柄は4,160銘柄になる(ETF、ADR含む)。

米国株式は証券会社ごとに取り扱いが異なる。主要ネット証券ではほかに「SBI証券」や「マネックス証券」が4,000銘柄を超える銘柄を取り扱う。

主要ネット証券 米国株式取扱銘柄の数

  • 楽天証券:4,160銘柄
  • SBI証券:4,202銘柄
  • マネックス証券:4,226銘柄
  • auカブコム証券:取り扱いなし
  • 松井証券:取り扱いなし(2022年2月開始予定)
    ※銘柄数は2021年8月20日時点。いずれもETF、ADRを含む

【PR】【楽天証券】評判・口コミ|口座開設方法と手数料を解説

FXプライム、メキシコ円建玉上限引き上げ

FXプライムby GMOは8月17日、通貨ペア「メキシコペソ/円」の建玉保有限度額を1,000万通貨から5,000万通貨に引き上げた。

メキシコ政策金利は8月12日に4.5%に引き上げられたばかり。利上げは2会合連続。FXプライムby GMOはスワップポイントを目的とした「メキシコペソ/円」の取引増加を見込む。FXプライムby GMOの「メキシコペソ/円」の買いスワップポイントは1万通貨あたり7円(2021年8月20日時点)。

【PR】FXプライムbyGMOの評判:短所やキャンペーン・スワップポイント

セントラル短資FX、モバイル取引システム提供終了へ

セントラル短資FXは8月19日、FXサービス「FXダイレクトプラス」においてフィーチャーフォン専用取引ツール「携帯Web取引システム」の提供終了を発表した。終了は2022年2月26日。これに伴いモバイルサイトも閉鎖される。

【PR】セントラル短資FXの評判:短所、キャンペーン、アプリ、スプレッド

SBI証券、Pontaポイント導入

SBI証券は8月20日、「Ponta(ポンタ)」ポイントの導入を発表した。2021年11月以降、SBI証券利用者は現行の「Tポイント」といずれかを選択できるようになる。Pontaポイントは一定の取引に応じ付与され、投資信託の購入代金に充てることも可能だ。SBI証券によると、複数の共通ポイントを使ったポイント投資サービスは国内主要証券で初めて。

Pontaポイントが付与される取引は以下の通り。なお、ポイント付与率は現行のTポイントと同水準だ。

SBI証券 Pontaポイントが付与される取引

  • 国内株式現物取引:月間手数料の1.1%
  • 投資信託:保有額の0.1~0.2%(0.1%)
  • 金・プラチナ取引:月間手数料の1%
  • 新規口座開設:一律100ポイント
  • 国内株式入庫:1回の移管入庫につき100ポイント
    ※「投資信託」は一部銘柄で0.1%未満

キャンペーン関連情報

マネックス証券、Amazonギフト券抽選キャンペーン開始

マネックス証券は8月19日、ロボアドバイザーサービス「ON COMPASS」預かり資産残高が100億円を突破したことを記念し、Amazonギフト券の抽選キャンペーンを開始した。10月31日までに専用フォームからエントリーすると、抽選で50名に3,000円相当のAmazonギフト券が進呈される。

応募に条件はなく、マネックス証券に口座がなくても可能だ。

【PR】マネックス証券の取引手数料は?口コミ・評判、口座開設方法などを一挙紹介

FX初心者向け情報一覧

FXとは?初心者向けFX入門の基礎
FX口座開設と審査の対策、業者の選び方や注意点
FX会社口座比較ランキング──スプレッド、スワップポイント、通貨ペアほか
FXの始め方──人気のFX会社5社ごとに解説

|文・編集:coindesk JAPAN編集部
|画像:Shutterstock.com

おすすめ記事: