ネムの今後の動きと将来性は?ネムが伸びる可能性があるのかを徹底解説!

(公開日:

仮想通貨に興味を持っており、仮想通貨を取引してみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

その中でも今回は、ネム(XEM/Symbol)の特徴や将来的に伸びる可能性が高い理由・ネムの今後の動きなどをご紹介いたします。この記事を最後まで読んでいただければ安心して取引を行えるようになるでしょう。

ネム(NEM)とは?

新しい経済運動(New Economy Movement)の略称

ネムとは、2015年4月から販売開始されている仮想通貨です。新しい経済運動を意味する英語のイニシャルから名付けられています。ネムとは正確には通貨名ではなくプラットフォーム名で、通貨はゼム(XEM)です。しかしネムは通貨の通称としても一般的に浸透しています。

ネムは将来性の高い仮想通貨として、ユーザーに広く知られています。しかしネムの知名度を一気に高めた出来事と言えば、やはり2018年1月に発生したコインチェックの「ネム流出事件」でしょう。約580億円分もの巨額がハッカーによって盗まれたことは、多くの関係者に衝撃を与えました。

しかしネム自体は非常にセキュリティ性の高い仮想通貨で、事件によって価値が下がることはありませんでした。2020年11月にはカタパルトアップデートが発表され、2021年3月にSymbol(XYM)という新しい仮想通貨を生み出しています。2021年10月にはbitbankとGMOコインが相次いでSymbol(XYM)の取引を開始し、注目を集めました。

ネム(XEM)は現在、国内の仮想通貨取引所ではコインチェック・DMM Bitcoin・Zaif・GMOコインの4ヶ所で取引可能です。まだ多くはありませんが、今後は売買できる取引所がさらに増えると期待されています。ICOができる仮想通貨として将来性が高く評価されており、これから仮想通貨の取引を始めたい初心者の方にもおすすめの銘柄です。

ゼム(XEM)の価格動向

ゼムの最近の価格動向は、2021年2月に高騰し3月には最高で約80円の値を付けました。その後は段階的に過熱感が収まり、6月には10円近くにまで値下がりしてしまいます。7月に入ると持ち直し、その後の価格は、およそ15円から20円の間を上下しました。2021年12月現在のゼムは、約15円で推移しています。

ゼムの今後の価格を予想する意見をいくつかご紹介しましょう。アメリカの仮想通貨予想サイト「CoinPriceForecast」では、0.64ドルという予想を発表しています。同じくアメリカの「CoinPriceForecast」は、さらに高い1.02ドルという予想です。

さらに、より具体的なネムの将来の価格予想を発表しているメディアもあります。例えば、「tradingbeasts」は2024年に0.4ドルに達するだろうとの予想です。「cryptopolitan」は2025年に1ドルから1.2ドル程度に上昇すると予想しています。

「walletinvestor」はさらに先の予想を立てており、2026年に0.89ドルに達するとの予想です。「cryptoandfire」は最も遠い2030年の予想を発表し、5ドルから9ドルにまで上昇するという夢のある予想になっています。多くのメディアがネムの将来性を高く評価しており、ユーザーを大変喜ばせているのではないでしょうか。

ネムの特徴

セキュリティが非常に高い

コインチェックの流出事件のイメージが強いネムですが、ネム自体にセキュリティ的な欠陥があったわけではありません。実はネムはセキュリティが非常に高い仮想通貨です。例えばハッカーがネムの情報を改ざんしようとしても、排除するシステムを持っています。数ある仮想通貨の中でも、ネムのセキュリティは高く評価されています。

ネムのセキュリティは、他の仮想通貨とはやや違ったシステムによって成り立っています。ブロックチェーンのデータベースが相互に監視を行うことにより、悪質なノードをいち早く発見できるのです。このような質の高いセキュリティがあるので、大企業のみならず国家までも安心してネムを利用しています。

処理が速く早いため、スピーディーな取引が可能

ネムは取引のスピードが速い仮想通貨でもあります。よく比較されるのがビットコインとの差ですが、ビットコインは取引が承認されるのに10分ほどかかります。それに対してネムは取引の承認に1分ほどしか要しません。取引に時間がかからないことは、特に複雑な取引のときや取引額が大きいときに効果を発揮します。

この差はブロックチェーンに関係しています。仮想通貨では取引が行われるとき、ブロックチェーン上に新たなブロックが形成されます。ビットコインはブロックの形成に複雑な計算が必要なため、承認されるまでに時間がかかります。一方でネムはブロックの形成に時間がかからないため、素早く承認が行われるのです。

トランザクションの承認システムが独自

トランザクションとは、仮想通貨においては取引の記録のことを指します。このトランザクションを承認することによって、仮想通貨の取引が成立するのです。ネムのトランザクション承認は、PoI(Proof of Importance)というシステムによって成り立っています。

PoIには独自の特徴があり、それは「貢献度」によってマイニングの成功率が高くなることです。ネムを長期間保有していたり、所持しているネムの数量が多いユーザーは貢献度が高いとみなされて評価されます。この承認システムが、ネムを所持することの価値を高めているのです。また、ネムのマイニングは「ハーベスト」と呼ばれています。

ビットコインのトランザクション承認は、PoWというシステムのもとに成り立っています。これは複雑な計算によりマイニングが成功するシステムで、高性能なコンピュータを使用できるユーザーが有利です。ネムのトランザクション承認システムは、これとは全く方向性が異なることが分かります。

通貨の供給量の上限が決まっている

ネムの発行数は現在89億9999万9999枚で、すでに上限に達しています。新規発行される予定はありません。発行上限を設けることにより、通貨が増えすぎてデフレのような状況になることを防止しています。将来ネムの市場評価が高くなった場合、その希少性による価格上昇も考えられます。

ネムには発行上限があるため、ビットコインのようなマイニングはありません。その代わりにハーベストと呼ばれる実質マイニングがあります。ハーベストには2種類あり、通常のハーベストとデリゲートハーベストです。一般のユーザーは、基本的には通常のハーベストを行えます。

ハーベストに参加するには、10,000XEMが必要です。2021年12月時点でのネムの価格で換算すると、15万円ほどになります。ネムの公式サイトから専用のウォレットをダウンロードして、ネムを入金しましょう。一定の期間ネムを保有し続けたり、多くの取引を行ってネムの流通に貢献すると報酬が得られるのです。

シンボル(Symbol)とは

ネムの大型アップデートで生まれた新しいプラットフォーム

シンボルとは、ネムが2020年11月に発表したカタパルトアップデートを経て生まれた新しいプラットフォームです。2021年3月から運営を開始し、ジム(XYM)という新しい仮想通貨を発行しました。シンボル(XYM)は2021年10月にbitbankとGMOコインが相次いで取り扱いを開始し、注目を集めています。

また、コインチェックは同じく2021年10月にSymbol付与を行うと発表しました。その条件も併せて発表されています。2021年3月12日のスナップショットが行われた時点で、コインチェックの口座にネムを保有していたこと。さらに、Symbolを付与した時点で通常通りの利用を継続できるユーザーを対象としています。

その他の取引所の動きは、ZaifとサクラエクスチェンジもSymbolの付与を行うことを発表しました。その他のネムを取り扱っている取引所はSymbolの付与に関しての発表を行っていないため、今後の対応が注目されます。

Symbolに関する大きなニュースの1つとして、大規模なプロジェクトのプラットフォームに採用されることが決まったというものがあります。2022年にカタールで行われるサッカーワールドカップに関連するホテルの建設を、多国籍企業の「Bimtrazer」が請け負っています。その大規模な工事を管理するプラットフォームとして、Symbolが選ばれたのです。

ゼム(XEM)との違い

ゼムからジムにアップデートされたことにより、いくつかの違いが生まれています。1つは、元々高かったセキュリティ性がさらに向上したことです。その要因はブロックチェーンの仕組みがアップグレードしたことと、マルチシグというシステムの導入によります。

ブロックチェーンのアップグレードにより、処理速度の向上も実現しています。その速さは1秒間に約4000件ものトランザクション承認が可能というものです。同じく処理速度が速いことで有名なリップルでも、1秒間に1000~2000と言われています。取引の承認が速いということは、複雑で大規模な取引も迅速に行えるのです。

ネムはブロックチェーンがパブリック方式のみであったのに対し、Symbolはパブリックとプライベートのハイブリッド方式になりました。このことが取引のさらなる高速化を生み出しているのです。

また、コンセンサスアルゴリズムにも変化がありました。ネムのPoIに対し、SymbolはPoS+という形式にアップグレードされています。元々環境に優しかったPoIよりもさらに省電力化が進み、「51%攻撃」と呼ばれるリスクに対するセキュリティも向上しました。

ネム(XEM/Symbol)が将来的に伸びる可能性が高い理由

セキュリティが非常に高い

前述のようにネムは非常にセキュリティ性の高い仮想通貨です。悪意のある侵入者が情報を改ざんしようとしても、EigenTrust++(アイゲントラスト)というシステムが除外してしまいます。その他にもマルチシグという複数の署名を設定して、取引の安全性を高めることも可能です。

また先述した「51%攻撃」に対するセキュリティが向上したことにより、通貨の価値を下げるような悪意のある攻撃を受けるリスクが低減しました。このことはSymbolの価格が安定することに貢献し、流通の活性化にもつながるでしょう。

各国政府との連携がある

ネムは以前から各国政府との連携を行っており、例えば2018年にはアラブ首長国連邦と、2019年にはマレーシアとも連携しています。コロンビアでは公共機関でSymbolの採用も決定しました。国家レベルで支持されていることは、ネムの大きな信用につながるでしょう。

mijinの普及の可能性がある

mijinとは、大阪市に本社を置くテックビューロホールディングスが提供するプライベートブロックチェーンです。このmijinはネムをベースに構築されており、互いにリンクすることができます。すでに400以上の企業がmijinを利用しているのです。

今後さらに仮想通貨が利用されるようになると、mijinのようなプライベートブロックチェーンが求められる可能性が高くなります。それにつれて、ベースとなっているネムの価値も上昇することが見込まれるのです。

拡張性が高く、個人でICOを行える

ネムは拡張性の高い仮想通貨で、さまざまなアプリケーションのベースとして利用できます。mijinもその一例で、ネムのプラットフォームを利用して作られています。またネムの拡張性の高さはICOにも活かされており、個人でも可能です。ICOにより独自のトークンを発行して資金集めを行い、企業活動を活性化させることにネムが貢献しています。

ネム(XEM/Symbol)の今後の動き

シンボルのNFT市場への参入

ネムは2021年5月に、SymbolによるNFT参入を発表しています。スポーツ界のスター選手を題材としたNFT商品を手がけていくとのことです。NFTは仮想通貨と同じくブロックチェーンをベースにしており、2021年から本格的に広まりました。今後もNFTは注目を集め続けると見られており、ネムのこうした動きはユーザーに好意的に受け取られています。

カタパルトアップデートによるDeFi市場への参入

ネムがカタパルトアップデートを行ってSymbolを生み出したことにより、DeFiのような分散型アプリケーションへの参入が期待されています。2021年4月にはFantom Foundationと提携を発表しました。

Fantomは分散型アプリケーションの開発を行っているプラットフォームで、Symbolが今後Fantomの活動に利用されると思われます。これによりSymbolとネムの市場価値が上昇することが期待されています。

現在ジムを持っているユーザーはシンボルに移行すべきか

1ネム(XEM)=1ジム(XYM)で自動的にオプトインが行われる

ネムがSymbolにカタパルトアップデートされたことにより、ネム所有者はオプトインが行えるようになりました。オプトインとは、ネムをSymbolに交換することを求める意思表示のことです。これには自分で行う方法と取引所に仲介してもらう方法があります。自分で行うことが難しい場合は、対象の仮想通貨の取引所に依頼しましょう。

実際にいつ配布されるのかは取引所ごとに異なる

オプトインを行っても、実際にいつジムが配布されるかは取引所によって異なります。またオプトインの期間は6年間と定められており、6年を過ぎると交換できなくなるので注意が必要です。

現在ジムを所持しているユーザーがSymbolに交換すべきか、迷った場合はオプトインしたほうが良いでしょう。Symbolはネムのメリットをさらに向上させており、拡張性の高さもあって今後さまざまな分野に応用が期待されます。

最後に

ネムは今後ますます注目される可能性が高い仮想通貨です。カタパルトアップデートを実施したことで、元々あったメリットが飛躍的に向上しました。特にセキュリティと処理速度の速さは、数ある仮想通貨の中でも特筆すべきレベルです。処理速度の速さは取引を円滑にし、国際的な送金に大きく貢献する可能性を秘めています。

それに加えてプライベートブロックチェーンや分散型アプリケーションへの応用も期待されており、将来性は非常に高いのです。ネムやSymbolの購入を検討している方は、この機会にぜひ仮想通貨取引所の口座を開設してみましょう。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする