SBI証券600万口座達成、日銀が買入れETFをTOPIX型に限定ほか──3/20~3/26の投資・FXニュース

SBI証券600万口座達成、日銀が買入れETFをTOPIX型に限定ほか──3/20~3/26の投資・FXニュース

auカブコムFX、PC向け新ツールの提供開始

auカブコム証券は3月20日、FXサービス「auカブコムFX」において、新しいPC向け取引ツール「auカブコムFXナビ」の提供を開始した。

従来のPC向け取引ツール「シストレFXナビゲーター」はWindowsのみの対応だったが、新ツールではWindowsに加えMacにも対応した。旧「シストレFXナビゲーター」に搭載のシステムトレード(全自動取引)機能は順次配信される予定。

なお、両ツールの併用は一定期間可能だが、旧「シストレFXナビゲーター」は2021年夏頃にサービス終了が予定されている。

【PR】auカブコム証券──投信の購入時手数料は「すべて無料」評判やクチコミ・手数料は?

SBI証券、証券総合口座600万口座達成

SBI証券は3月22日、証券総合口座が600万口座を達成したと発表した。600万口座はネット証券で最多だとし、これを記念したキャンペーン実施の予定も明かした。キャンペーンの詳細は確定次第公表される予定。

SBI証券は2001年以降、手数料を引き下げ続けている。2020年10月には国内株式取引「アクティブプラン」において1日100万円までの取引を無料とした。SBI証券は、これらの取り組みが口座数の増加につながったとしている。

【PR】SBI証券の取引手数料やクチコミ・評判は?口座開設方法なども解説

むさしトレジャーネット、建玉の上限を5億円に引き上げ

むさし証券は3月22日、同社のネット取引サービス「トレジャーネット」において、信用取引の1銘柄あたりの建玉の上限を5億円に拡大した。

従来、建玉の上限は1部市場(東証/名証)で3億円、2部市場(東証/名証)および新興市場(ジャスダック/マザーズ/セントレックス)で3,000万円だった。

今後は市場ではなく、銘柄の時価総額で建玉の上限が判定される。建玉の上限が5億円となるのは時価総額500億円以上の銘柄だ。

なお、建玉の上限は、制度信用と一般信用が合算され判定される。総建玉の上限は従来通り30億円。

取引所が「なでしこ銘柄」公表

日本取引所グループは3月22日、東京証券取引所が経済産業省と共同で「なでしこ銘柄」を選定したと発表した。女性が働き続けるための環境整備を含め、女性人材の活用を積極的に進めている企業を紹介するもので、今回で9回目。

毎回選定されているのは、東急株式会社 <9005> のみで、8回選出のダイキン工業株式会社 <6367> が続く。

日銀、買入れETFをTOPIX型に1本化

日本銀行は3月23日、市場から買い入れるETFについて、TOPIX連動型ETFだけを対象にすると発表した。これまで買い入れていた日経平均やJPX日経400連動型ETFは対象から外れる。実施は4月1日から。

日本銀行は物価および金融システムの安定のため、2010年よりETFを市場から買い入れている。2016年以降は年間6兆円を買い入れの目安としていたが、2021年3月19日の金融政策決定会合で削除された。なお、買い入れ上限の12兆円は維持された。

FX各社、トルコリラ円を固定スプレッド&キャンペーンから除外

3月20日、トルコのエルドアン大統領が中央銀行総裁を解任したと伝わり、トルコリラが市場で急落した。トルコ中央銀行は18日に利上げしたばかりだった。

これを受け、外為どっとコムとマネーパートナーズはトルコリラ/円の原則固定スプレッドの提示を停止し、実施中のキャンペーンからトルコリラ/円を対象外とした。トレイダーズ証券も実施中のキャンペーンからトルコリラ/円を除外した。

FX会社は、原則固定スプレッドから乖離して顧客に不利なスプレッドの提示を行うことができない。「おとり行為」として禁じられているためだ。トルコリラの急変を受け、原則固定スプレッドの維持が難しいと判断し、除外したと考えられる。

原則固定スプレッドの提示を続けているFX会社においても、スプレッド拡大の可能性は残る。取引には最新の注意を払いたい。

【PR】外為どっとコムの評判や取引コスト、取引ツールは?キャンペーン情報は?

キャンペーン関連情報

ワイジェイFX、現金抽選キャンペーン開始

ワイジェイFXは3月22日、取引に応じて最大2万円が抽選で当たるキャンペーンを実施した。期間は3月30日ニューヨーククローズまでで、エントリーかつ1万通貨以上の新規約定が必要。

新規約定数量に応じ1,000円~2万円の当選金額が設定されており、該当の新規約定数量を満たした場合に応募口数が1口付与される。当選金額2万円の応募口数が付与されるには、キャンペーン期間中1,000万通貨以上の新規約定が必要。

なお、キャンペーン期間中に新しい「外貨exアプリ」で新規約定がある場合、応募口数は2口付与される。

【PR】YJFX!の評判は?他社とのスプレッドを比較、メリット・デメリットを解説

ヒロセ通商、「ポンド円」「ポンド豪ドル」取引キャンペーン開始

ヒロセ通商は3月22日、運営のLION FXにおいて、通貨ペア「英ポンド/円」の取引キャンペーンと「英ポンド/豪ドル」の取引キャンペーンを開始した。新規約定数量に応じたキャッシュバックを受けられる。

両キャンペーンの条件は同じで、期間は4月21日午前8:59まで。100万通貨以上の新規約定を達成し、別途エントリーが必要だ。キャッシュバックの上限は30万円で、キャンペーン期間中9,000万通貨以上の新規約定で受けられる。

【PR】LION FX(ヒロセ通商)の概要や評判、取引コストを解説

FX初心者向け情報一覧

FXとは?初心者向けFX入門の基礎
FX口座開設と審査の対策、業者の選び方や注意点
FX会社口座比較ランキング──スプレッド、スワップポイント、通貨ペアほか
FXの始め方――人気のFX会社5社ごとに解説

|文・編集:coindesk JAPAN編集部
|画像:Shutterstock.com

おすすめ記事: