仮想通貨レンディングとは? メリット・デメリットと取引所紹介

(公開日:

仮想通貨のレンディングとは、保有している仮想通貨を第三者に貸し出して利子を得ることである。仮想通貨の長期保有を前提に投資するならレンディングの利用も検討したい。本記事ではレンディングのメリット・デメリットや最近の業界動向について紹介する。

仮想通貨レンディングとは

仮想通貨のレンディングとは保有している仮想通貨を第三者に貸し出して利益を得ることである。取引所が一定期間預かった上であらかじめ定められた金利を上乗せして返却することで利息収入が得られる

仮想通貨で利益を得る方法は売買差益を得るトレードが主な方法であったが、レンディングの登場により仮想通貨で利益を得る選択肢が増えたといえるだろう。ただし、投資家保護制度は充実しておらず、取引所が倒産した場合にレンディングに出した仮想通貨が返金される保証はない。このことを理解した上でレンディングを利用するかどうか検討しよう。

仮想通貨レンディングのメリット

仮想通貨レンディングのメリットは2つある。

  • インカムゲインが得られる
  • 気軽に始められる

インカムゲインが得られる

仮想通貨で利益を得る選択肢はトレードして売買差益によるキャピタルゲインを得ることが基本であった。他の投資と比較すると株式投資であれば配当や優待、不動産投資であれば賃料収入といった保有している間も利益を得られる仕組みがある。

金融商品を長期保有するにあたってインカムゲインは重要な利益であるため、仮想通貨にもレンディングという利息収入が得られる手段ができたことで長期保有にさらに適した資産となった

気軽に始められる

レンディングを目的とした仮想通貨投資は誰でも始めやすい投資方法だ。保有して貸し出すだけで利息収入が得られるので手間がかからない。満期になれば利息収入を上乗せした仮想通貨が返金される。売買のタイミングの見極めや、チャート分析が必要なトレードと比較するとレンディングは気軽に始めやすい投資といえるだろう。

仮想通貨レンディングのデメリット

仮想通貨を保有するだけで利息収入が得られる仮想通貨レンディングだがデメリットも存在するので、理解した上で貸し出しを行おう。

  • 価格変動リスクがある
  • 貸し出しには制限がある

価格変動リスクがある

レンディングで貸し出しを行う通貨も常に価格が変動し続けている。仮想通貨自体の数量に変動はなくても価格が下落すれば、貸し出した資産の価値は減少してしまう。取引所は仮想通貨の価格変動に関する保証はしないため、返金の際に貸し出した通貨の価値が下がった場合は損をする可能性がある。一方で価格が上昇した場合も取引所は仮想通貨を正しく返還する必要があるので、この場合は貸し出した側が得をする仕組みとなっている。

貸し出しには制限がある

レンディングにはさまざまな制限があるので、実際に貸し出す前に制限を理解しておこう。まず貸出期間の途中で解約できない取引所が多く、中途解約を認める取引所もあるが中途解約手数料が発生するので、解約できたとしてもデメリットが大きい。また、取引所は無限にレンディング用の仮想通貨を求めているわけではないので、取引所が決める制限に到達した場合はレンディングが利用できない可能性がある

レンディングとトレードを両立するのがベスト

レンディングは魅力的な投資方法だが、制限も多いので思うようにレンディングできない可能性もある。自由にレンディングができないことも考えればトレードと両立して行なうのが理想だ。例えば、短期や中期で売却を考える仮想通貨をトレードしながら、長期的な成長が期待可能でしばらく手放す予定がない仮想通貨をレンディングに利用するといった両立が可能である。

レンディングとトレードができる取引所の金利も含めて比較

レンディングとトレードの両立が可能な取引所について、レンディングの金利も含めて下記の表で比較した。

取引所/販売所取扱通貨数金利手数料
Coincheck17種類14日:1%
30日:2%
90日:3%
180日:4%
365日:5%
取引所:無料
販売所:0.1〜5.0%
GMOコイン14種類1ヶ月コース:1%
3ヶ月コース:3%
取引所
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所:無料
bitbank10種類年間最大3%取引所
Maker:-0.02%
Taker:0.12%
販売所:無料
※Makerは受取の手数料、Takerは支払の手数料

レンディングの金利は貸出期間によって定まることが多い。また、上記の取引所ではすべての取扱通貨がレンディングの対象となっている。また、DMM BitcoinbitFlyerなどの有名な仮想通貨取引所はレンディングサービスを始めていない。知名度の高い取引所であれば必ずできるわけではないので、レンディングができる取引所に口座を開設することが重要だ。

Coincheck(コインチェック)

取扱通貨数17種類
レンディング対応通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)
リスク(LSK)
ファクトム(FCT)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
アイオーエスティー(IOST)
エンジンコイン(ENJ)
オーエムジー(OMG)
パレットトークン(PLT)
レンディングの金利14日:1%
30日:2%
90日:3%
180日:4%
365日:5%
取引所手数料無料
販売所手数料0.1〜5.0%

Coincheckは取扱通貨数とレンディング対応通貨が共に最高水準の仮想通貨取引所だ。レンディングにおける金利も高く最大5%となっている。貸出数量の下限は10万円相当だ。ただし、貸出にはCoincheckの審査が必要であり、審査の結果によっては必ずしも貸出ができるとは限らない。しかし、シンプルな操作性のスマホの取引アプリと最低投資額は500円以上と投資のハードルは低いので、レンディングに興味がある仮想通貨投資初心者に最適な取引所である。

GMOコイン

取扱通貨数14種類
レンディング対応通貨ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
ネム(XEM)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
テゾス(XTZ)
クアンタム(QTUM)
エンジンコイン(ENJ)
ポルカドット(DOT)
コスモス(ATOM)
レンディングの金利1ヶ月コース:1%
3ヶ月コース:3%
取引所手数料Maker:-0.01%
Taker:0.05%
販売所手数料無料

GMOコインの金利は1ヶ月コースと3ヶ月コースの2種類で変動し、金利は最大3%だ。
Coincheckとの差別化ポイントは取扱のない3つの通貨をGMOコインで取り扱っていることと中途解約が可能な点にある。ただし、償還時に受取予定の貸借料の10%が中途解約手数料として発生する。最小貸出数量はビットコイン(BTC)で0.1BTCとなっている。Coincheckと合わせて口座開設しておくと、片方がレンディングできない場合でもレンディングしやすくなる。

bitbank(ビットバンク)

取扱通貨数10種類
レンディング対応通貨ビットコイン(BTC)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
イーサリアム(ETH)
モナコイン(MONA)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ステラルーメン(XLM)
クアンタム(QTUM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
オーエムジー(OMG)
レンディングの金利最大3%
取引所手数料Maker:-0.02%
Taker:0.12%
販売所手数料無料

bitbankは年率3%で1年間レンディングが行えるサービスを提供している。基本的に中途解約はできないが、中途解約が認められる場合は5%の手数料が発生する。取扱通貨数は10種類と最も少ないが、ビットコインの通貨ペアも取り扱っているのが特徴だ。ビットコインの通貨ペアも含めると取扱銘柄数は19種類と最多となる。レンディングも含めて幅広い取引をしたい人に向いている。

仮想通貨暴落でレンディング業界は混乱

仮想通貨のレンディングにはデメリットがあることは前述した通りだが、価格変動を引き金に不測の事態も起こりうる。最近は市場環境の悪化を理由にレンディング大手が、次々に出金停止に乗り出したほか、破産申請するケースも出ている。以下では、混乱に見舞われるレンティング業界のニュースをまとめて紹介する。

米大手セルシウス、出金を一時停止

アメリカの仮想通貨レンディング大手、セルシウス・ネットワーク(Celsius)は2022年6月、「極端な市場状況」を理由に顧客資金の出金や送金を一時的に停止すると発表した。引き出しを再開する時期は明らかにしていない。

セルシウスは自らも預かった資金の一部を仮想通貨で運用していたが、仮想通貨相場の下落によって、顧客が資金を一斉に引き出す「取り付け」に近い騒ぎが起きたため、出金停止に追い込まれたという。

さらに7月には、米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きをニューヨークの破産裁判所に申請した。セルシウスはこの破産手続きについて、「事業を安定させ、全ての利害関係者にとっての価値を最大化する再編取引を実現する」ためだと説明している。CEO(最高経営責任者)のアレックス・マシンスキー氏は「我々のコミュニティと会社にとって正しい決断だ。このプロセスを通じてセルシウスをリードする、強力で経験豊富なチームを形成する」とコメントしている。

米ボイジャー・デジタルは破産申請

また、アメリカのボイジャー・デジタル(Voyager Digital)も7月、米連邦破産法11条の適用をニューヨークの破産裁判所に申請した。約1週間前には出金、取引、入金の一時停止を発表していた。

ロイター通信によれば、申請では債権者は10万人以上、資産は10億〜100億ドルで負債もそれと同程度という。このニュースを受け、投資家からは「何百万ドルも失った」と嘆く声が上がっている。

融資先のシンガポールのヘッジファンド、スリーアローズキャピタルが債務不履行となった影響で、最大100億ドルの負債を抱え、破産申請に追い込まれた形だ。CEOのスティーブン・アーリック氏は「会社の資産を保護するためには会社再建が最善の方法」との声明を出した。

シンガポールのヴォールドも資金引き出し停止

さらに、仮想通貨のレンディングとトレーディングのサービスを手掛けるシンガポールのヴォールドも、資金引き出しや売買、新規顧客の受け入れを停止すると発表した。

ヴォールドのCEOはブログで、仮想通貨の大幅な価格変動や重要な取引先の資金繰り窮迫がもたらす避け難い影響を理由に挙げ、「資金面でさまざまな試練」に直面していると説明している。また、顧客による資金の引き出し総額は、1億9,770万ドル相当相当という規模に達しているとも述べた。今後のヴォールドの動きは注視しておきたい。

レンディングは計画的に

レンディングで貸し出している通貨を売却して新しい通貨を買うことはできない。中途解約をする場合は高い手数料を払う必要があるので、基本的に中途解約は行わないほうがよいだろう。レンディング中は資金が拘束されるので計画的に適切な範囲で利用しよう。

関連FAQ

レンディングとは?

仮想通貨のレンディングとは、自身が保有している仮想通貨を一定期間、取引所などの第三者に貸し出すことだ。一定所から返却時に金利を上乗せしてもらうことで利息収入を得ることができる。

ただし、投資家に対する保護制度は充実しておらず、一般的に仮想通貨を貸し出している取引所が倒産などでサービスが続けられなくなった場合、資産が戻ってくるかどうかの保証はない。

レンディングのメリットは?

1つ目のメリットは、保有する仮想通貨を第三者に貸し出すだけで利息収入を得られるため、手間がかからないことだ。一般的に、申し込みも数分で完了できるため、新規参入しやすい。

2つ目は、誰でも気軽に始めやすいことだ。満期になれば利息収入を上乗せした仮想通貨が返金されるシンプルな仕組みであるため、分析や経験が必要なトレードとは異なり、詳細な知識がなくても利用できる。

レンディングのデメリットは?

1つ目は価格変動のリスクがあるということだ。貸し出した仮想通貨の価格が下落すれば、資産価値も減少する。取引所は価格変動に関する保証はしないため、返金時に損をするリスクがあることはあらかじめ留意しておきたい。

2つ目は、レンディングの利用にはさまざまな制限が発生するということだ。取引所が定めるルール内でレンディングしなければならないため、トレードに比べて自由度は欠ける。例えば、貸出期間の途中で解約できない取引所がほとんどであり、できたとしても多額の手数料が発生するため現実的ではない。また、取引所が決める制限に達した場合は、それ以上のレンディングはできない。実際に貸し出す前に、こうした制限について理解しておく必要がある。

レンディングをする際の取引所の選び方は?

レンディングは魅力的な投資方法である一方、制限も多いため「トレード」との両立が賢明だ。そのため、レンディングとトレードの両方に対応している取引所を選びたい。ただし、知名度が高いからといって必ずしも両方に対応しているわけではないので、しっかり確認しておきたい。

レンディングで注意することは?

取引所では、貸し出している仮想通貨を売却して新しい通貨を買うことはできない(※中途解約は、高い手数料を払うがあるので避けたい)。従って、レンディング中は資産が凍結されることを踏まえた上で、計画的に適切な範囲内で利用することが最も大切だ。

最近の業界の動向は?

米レンディング大手であるセルシウスの引き出し停止を皮切りに、エストニアのコインローン(CoinLoan)、イギリスのコインフレックス(CoinFLEX)も出金の制限や停止を発表している上、破産申請も続いているのが現状だ。シンプルな投資サービスであることから世界で利用者が増えているが先行きには警戒が必要だ。レンディングを始めるにあたっては、こういったニュースも引き続き注視しておいた方が良いだろう。

参考文献

Coincheck(コインチェック)で現在取引できる通貨は何種類?仮想通貨(暗号資産)の購入手順(Coin check)
https://coincheck.com/ja/article/336

手数料(Coin check)
https://coincheck.com/ja/info/fee

入れて、ほっとくだけ Coincheck貸仮想通貨サービス(Coin check)
https://coincheck.com/ja/lending

4割が塩漬け状態?仮想通貨の塩漬け状態を打破する4つの方法(Coin check)
https://coincheck.com/ja/article/408

仮想通貨レンディングの始め方と知っておくべき3つの注意点(Coin check)
https://coincheck.com/ja/article/361

貸暗号資産(GMOコイン)
https://coin.z.com/jp/corp/product/info/lending/

暗号資産(仮想通貨)チャート一覧・マーケット情報(GMOコイン)
https://coin.z.com/jp/corp/information/

手数料(入出金・取引)(GMOコイン)
https://coin.z.com/jp/corp/guide/fees/

暗号資産を貸して増やす(bitbank)
https://bitbank.cc/docs/lending/

取扱通貨ペアおよび注文単位(bitbank)
https://bitbank.cc/docs/pairs/

手数料(bitbank)
https://bitbank.cc/docs/fees/

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする