暗号資産のIEOとは? ICOやSTOとの違いは? 過去の事例も紹介

(公開日:
Shutterstock

暗号資産(仮想通貨)の資金調達手段として、IEO(Initial Exchange Offering)が近年話題になることが多く、同様の調達手段としてICOやSTOもあり、その違いを含めてIEOを正確に理解できていない人もいるだろう。

本記事では、暗号資産におけるIEOについてICO・STOとの違いを含めて解説し、メリット・デメリット、具体的な事例、参加方法についても紹介する。

IEO(Initial Exchange Offering)とは?

IEOは暗号資産を利用した新たな資金調達手段のことであり、暗号資産の発行体が取引所を介して仮想通貨を先行販売することによって、投資家から資金を集める仕組みだ。IEOは先行販売であることから正式な上場時よりも安い価格で購入しやすく、取引所が審査を行うことで一定の信頼性があることから投資家からも注目を集めている。

ICO(Initial Coin Offering)との違い

ICOは、IEOの前に登場した暗号資産を利用した資金調達手段である。ICOはIEOとは異なり、発行体に対する取引所の審査やバックアップがない。暗号資産を利用した資金調達は法整備が進んでいないことから、投資家から資金を持ち逃げするような事例が多発した。ICOは投資家からするとリスクが高く安全性も低いため、安心して投資できる仕組みが必要とされて誕生したのがIEOである。

STO(Security Token Offering)との違い

IEO以外にも、ICOの問題点を解決するために誕生した資金調達方法としてSTOがある。STOはIEOとは異なり、トークンに証券性を付与する仕組みとなっており、発行体は有価証券の発行と同様の責任と義務を負う。ただし、STOは投資性が高いことからコンプライアンスも厳しく、国によっては販売自体が禁止されている。そのため、信頼性はあっても現状ではIEOの注目度のほうが高い。

IEOのメリット

IEOに参加するメリットは3つ挙げられる。

  • 取引所が審査を行うため信頼性がある
  • 莫大なリターンが得られる可能性がある
  • 誰でも参加できる

取引所が審査を行うため信頼性がある

IEOは仮想通貨の取引所が事業内容や、資金用途などの審査を行うため、信頼性のあるトークンが販売される。投資家の資金を持ち去るような悪質なプロジェクトに投資する可能性が低くなり、優良なプロジェクトに投資しやすくなる。上場までのスケジュールも確定しているので、先行販売で購入して安心して上場日を待つことが可能だ。

莫大なリターンが得られる可能性がある

IEOでは新たな暗号資産を先行して購入できるので、一般に注目度が高ければ高いほど、販売が開始されたときの価格が先行販売価格を上回りやすいといえる。さらに、価格の上昇によって莫大なリターンを得られる可能性もある。なお、審査の段階では通貨の価値が適正な水準であるかどうかも調査されているので、IEOで割高な水準のコインを購入してしまうリスクは低いといえる。

誰でも参加できる

IEOは、実施している取引所のアカウント登録を済ませているユーザーであれば誰でも参加できる。また、必要な資金も少額であり、参加しやすい。例えば、国内初のIEOであるCoincheckのパレットトークン(PLT)の事例では、1口あたりの応募金額は4,050円だった。数千円程度から投資できるため、資金を用意するハードルも低い。

IEOのデメリットとリスク

一方で、IEOに参加するデメリットやリスクは2つある。

  • 抽選がある場合は必ずトークンを購入できるとは限らない
  • 必ず利益が出るわけではなく暴落の危険性もある

抽選がある場合は必ずトークンを購入できるとは限らない

IEOは誰でも参加できる反面、参加者が多い場合は抽選になるため、参加しても必ずトークンを購入できるわけではない。倍率が高いということは注目度が大きいため、一般販売による値上がりも期待できるが購入しにくくなる。過去の事例を振り返ると、パレットトークンの抽選倍率は24.11倍だった。今後も注目のプロジェクトでは抽選倍率が高くなると想定される。

必ず利益が出るわけではなく暴落の危険性もある

IEOは、先行販売時の価格が一般販売開始時の価格を上回るとは保証していない。よって、上場時の状況によっては、必ずしも利益が出るとは限らない。そして、上場してから時間が経ってトークンへの注目度が下がれば、当然価値が見直され、暴落する危険性もある。

IEOを利用した資金調達事例

パレットトークン(PLT)【CoinCheck(コインチェック)】

パレットトークン(PLT)は、国内初のIEOを活用した資金調達事例で、国内最大級の仮想通貨取引所であるCoincheckが実施した。PLTは、Palette Consortiumが運営するNFTプラットフォームのパレットで利用できる暗号資産で、NFTを通じて漫画、アニメをはじめとする日本の文化コンテンツのさらなる発展を目指すことをIEO実施の目的としていた。

FCRコイン(FCR)【GMOコイン】

FCRコイン(FCR)は、GMOコインによる国内では2番目のIEOである。琉球フットボールクラブ株式会社により発行された暗号資産であり、同社のプラットフォームであるFC RYUKYU SOCIOを通じて選手やチームへの支援に利用できる。サッカークラブとファンや、サポーターの関係性をアップデートすることを目的に、2018シーズンからオフィシャルトップパートナーを務めるGMOコインからIEOを実施することとなった。

フィナンシェトークン(FT)【CoinCheck(コインチェック)】

フィナンシェトークン(FT)は、CoincheckのIEO第2弾で、ブロックチェーンで構築されるクラウドファンディングサービスのフィナンシェで使える予定のトークンだ。トークンを利用して、クラウドファンディングによる支援を継続的にできる仕組みを構築することを目的とする。フィナンシェトークンはサービスにおけるインセンティブの付与や、保有量に応じたガバナンスへの参加に利用される。IEOの実施は2022年夏を予定している。

IEOに参加する方法

IEOは暗号資産における資金調達の方法としては信頼性が高く、当選すれば大きな利益を見込める可能性もあるが、当然リスクもあるので、IEOのプロジェクトの内容も確認しながら慎重に検討することを推奨する。最後に、IEOに実際に参加する方法を下記にまとめた。

  1. IEO実施している仮想通貨取引所に口座開設
  2. 資金を用意して申し込む
  3. 抽選後にトークンが自動的に付与される

1. IEO実施している仮想通貨取引所に口座開設

現在、IEOを実施している取引所があればその取引所の口座を開設する必要がある。また、過去にIEOを実施した取引所にCoincheck(コインチェック)とGMOコインがあり、次のIEOに備えてこちらの取引所の口座を開設してもよいだろう。

2. 資金を用意して申し込む

トークンの購入資金を口座に入金して、申し込むことで参加できる。資金の用意を判定するタイミングは、申し込み時と申し込み後に設けられた基準日の2つが考えられる。判定タイミングで資金が不足していると、そもそも申し込みができない場合や、抽選の対象外になる場合があるので、口座資金の管理は徹底しよう。

3. 抽選後にトークンが自動的に付与される

申し込みの条件を満たし期日を迎えると抽選が行われる。複数の口数を申し込んだ場合は、一部の口数が当選する部分当選となる場合もある。当選をした場合は、購入の意思を改めて示す必要はなく、トークンが自動的に付与される仕組みとなっている。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする